戦火のマエストロ〜チェロ弾き旅烏の対談コンサート

無事にベルリンに到着いたしました。

ただいま我が家生活を満喫中〜
ちなみにこちらはまだまだ冬支度であります。

さてさて11日の祝日は広尾の南麻布セントレホールにて対談コンサートでした。
シリーズ5回目の対談ゲストは菅野冬樹氏!
IMG_9798ng.jpg
<写真撮影:ボックリ博士さま>

去年、NHK BSで放送があった祖父のドキュメンタリー「戦火のマエストロ・近衛秀麿~ユダヤ人の命を救った音楽家~
の原作を書かれた方です。
IMG_9797ng.jpg
番組はー知らざれる事実を丹念に取材し描いた力作ーとして日本放送協会の「放送総局長特賞」も受賞しました。
IMG_9805ng.jpg
↑菅野さんの著書「戦火のマエストロ・近衛秀麿」

最初にバッハを演奏。。。
IMG_9803ng.jpg
IMG_9806ng.jpg
数日間、祖父の文章を読み返したり、音源を聴いたりして
いつになくその存在が生々しいものになっていたせいか
IMG_9804ng.jpg
いつもよりエモーショナルな演奏になってしまって
眉間にシワが。。。
IMG_9801ng.jpg
菅野さんが祖父の生き様に心を惹かれて30数年、、、

「不可能」といわれた番組制作を「可能」にしたのはなんであったのか
祖父に共感し、信じ、行いを証明するための執念の取材
それを実感するお話の数々でした。
IMG_9799ng.jpg
(私の愛読書、秀麿の著書「風雪夜話」 いまも古本としてときどきAmazonにも出ているようです)

音楽に志しを託し、戦火にあっても己の信を形にするべく行動した祖父ですが
時の総理大臣であった実兄が裁判の前に自決、
戦後はいろいろなものを背負ったことと思います。

嫉妬ややっかみ、ここぞとばかり見当違いの誹謗中傷をする者たちのあるなかで、
そんなことに構う暇なく、音楽に没頭した秀麿の姿が浮かび上がってきます。

生きることは綺麗ごとでないし、祖父も聖人君子などではありません。
でも「行動の人」であったのは誰も否定できないと思いました。
IMG_9796ng.jpg
対談の最後に菅野さんからのサプライズが!
時空を超えて祖父と一緒に音楽のなかに在ることができました。
IMG_9794ng.jpg
こんなに近くに祖父を感じることができるなんて

思いもよらないことでした。。。

さすが映像プロデューサー!

さて菅野さんはすでに次のことを形にするために突き進んでいらっしゃいます。
そのためにいまは戦中のドイツでの祖父の足跡を調べていらっしゃる。

色んなことがはっきりしたら、どんな番組になるかまたお知らせいたしますね!
IMG_9781ng.jpg
(写真: イタリアンのシェフ日高良実さんと)
終わってからは広尾のアクアヴィーノで乾杯〜

多くのかたがたと気炎をあげました。
せっかく一度の人生、思いっきりやるべきことを行動しようよ!
色んな職種の方々と口々に言いあった夜でした。
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Thu,  18 2016 22:49
  • Comment: closed
  • Trackback: 0