三甲美術館~鮎の流れのように?!

昨日からピアニストの山本貴志さんと岐阜に伺っておりまして

先ほど三甲美術館での2人のコンサートが終わりました。

いま皆で名古屋まで車で移動、車内はお休みタイムなのでいまのうちにブログを書いておきますね。

こちらでのコンサートももう4回目!
この度のプログラムはこんな感じでした。

メンデルスゾーンの歌の翼
メンデルスゾーンのD-Durのチェロソナタ
ショパンの舟歌 (ピアノソロ)
ベートーヴェンの5番、D-Durのチェロソナタ

アンコールは
サンサーンスの白鳥
D-Durで弾いているエルガーの愛の挨拶

どれもどうして、こんなに素晴らしい曲なんでしょうか。。。

いまの気分はひと言でいうと「幸せ!」
それに尽きます。

ちなみに衣装は長良川の水のイメージ( ̄▽ ̄)


長良川ーー(^∇^)

いつも素敵な後藤館長さまと!

昨晩のお食事!



















鮎さん、、、、、、美味でした!!!


そしてこちらが朝ごはんーー

やっぱり日本のお魚サイコー!
美味しいなあ。


それからコンサートにいらしてくださったお客様Mさまにステキなお土産をいただきました!

さっそく食べてしまった↓
これはなんでしょ?

プルプル トロトロのわらび餅!!


ということで山本さんとすでにいまから来年の5月の岐阜訪問を楽しみと言い合っております。

次回の2人の共演は10月1日の新潟・三条。またベルリンでリハーサルすることになりそうo(^_^)o うんと練習したらご褒美は美味しいワイン!!


ところで今回は4年目にしてこちらの美術館を名高くしている沙羅双樹の花を拝見できました。

今朝1輪だけ咲いた今年1番の花、、、夜にもう落ちてしまうらしい。

花の命のなんと短いことよ。
でもだから健気で愛らしく、そして潔いのだなあと心に響きました。

今日はこのまま姫路、明日もどり、明後日はまたベルリンへ向かいます。。。
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Sat,  28 2016 17:24
  • Comment: closed
  • Trackback: 0