森ときのこと湖と@フィンランド

日本は次から次へと台風が続いている様子…
心よりお見舞い申し上げるとともに 被害が広がらないことをお祈りいたします。
どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。


さてそんな台風の合間を縫った8月末、ミューザ川崎でのコンサートの翌日は夏の終わりのヘルシンキへ
201609100605519de.jpeg
(初汽車の旅!)
20160910060551d92.jpeg
(景色も新鮮)
20160910055108ba2.jpeg
(2両しかない可愛い電車)
2016091006262770b.jpeg20160910062625928.jpeg
(ムーミンハウスのそっくりを発見〜なんとも言えない青と赤)


20160910061741444.jpeg
(雲と太陽のせめぎあい、真夏とは一味違う色)

そうして 翌日から ここ東フィンランドの島に今日の午後まで生息しておりました。
20160910055011879.jpeg
(スナフキン化するマーク)

ここは小さな小さな無人島
2016091005513368c.jpeg

2016091006054808b.jpeg
あおい あおい 空!!
20160910055134244.jpeg
でも曇りの日は寒いのでした。。。

毎年7月に行われるサヴォンリンナ・ミュージック・アカデミーの最中もこここから通うのですが
期間中はいつも朝早くから夜遅くまで学校に詰めるのでゆっくりする時はありません。
ここから街までボートなら20分ですが、車だと2倍以上の時間がかかるのです。
20160910060621f7f.jpeg

水の上は自由で良いなあ
20160910060618ba9.jpeg

マークとは前回7月の終わりにここで別れ、私は日本へ
彼は南ドイツ→ヘルシンキ→ラップランド→オーストリア→ベルリンと旅を続け、またヘルシンキ空港で落ち合いました。

おじいさんは山へ芝刈りに
おばあさんは川へ洗濯に。。。

相変わらず日本昔話のような夫婦です。

でもそれぞれ元気にすごし、互いに体験したことを分かち合う時間があって有り難いと思います。
さらに今年は夏の終わりをここで過ごすことができて幸せ。

空と
水と
樹々と
風の音

シンプルな生活です

サウナを炊くのは私の特技
20160910065256165.jpeg
都会っ子で濡れた落ち葉の上を歩くのもこわごわな私ですが

炎のことならお任せ
201609100550138eb.jpeg
幼い頃に祖母や庭木の手入れに来ていた棟梁に伝授された
風呂焚きや焚き火のテクニックがここで役に立つとは!!

時には島をボートででて自然公園を訪ねたり
201609100605451a5.jpeg
20160910055105766.jpeg
(エゾジカに群がる恐ろしい虫に追いかけられて全速力で森を駆け抜けました。。。)

森では色んな美味しいベリーがそこらに(!)生えています。
20160910060624a54.jpeg
もう野イチゴやラズベリーの季節は終わって
リンゴンベリー(こけもも)が美味!
2016091006062261d.jpeg
ジャムもよく作ります。↑マークの手
20160910055007a8b.jpeg
2016091005501209d.jpeg
そしてキノコのベストシーズンなので森は宝の宝庫です。

2016091007051189f.jpeg
↑これは毒のあるキノコ、、、
やっぱり!!可愛いものには要注意ですな

こうして生きていると
いろいろなことことから自分が解放されて自由になるのを感じます。

毎日 1枚
いらないものが落ちて 軽くなる

朝起きて 湖の横でエスプレッソを飲み
本を読んで ゆっくりお昼ごはんを作り

午後は練習とリハーサル

サウナを炊いたら
熱さの頂点で湖に飛び込む

80度から15度の世界へ!
身体中の細胞がわくわく さわさわ ぴりぴり どくどく

生まれ変わるような気持ちになります。

そしてシードリ(フィンランドの名物 林檎のお酒、アップルサイダーです)
そして夜ごはんと赤ワイン

夜は日によってDVDで映画を見たり、夜遅くまで話し込んだり
そうだ、ビリヤードの腕はほんのすこしだけ上がったかもしれません。
2016091006062067a.jpeg


夏の終わりをゆっくりと味わう。。。
また来年もこんな時間が過ごせると良いなあ。

10日間の贅沢な時をすごして今晩からはヘルシンキ
ラップランドでのコンサートは日曜日です。

ではまた〜
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Sat,  10 2016 07:09
  • Comment: closed
  • Trackback: 0