パリの秋空の下で by Trio SolLa

2016年10月27日 05:20

「ベルリン寒い!」
と言いながらけっこう慣れてきました。
今日も曇りで7、8度くらい、でも街が秋色に染まるのを楽しんでおります。

さて先週のパリはこんな天気でした!
201610261605341e2.jpeg
パリでも高いところにいくとこんな雲が見られるのですね。
これはイラストレーターの友人とランチを食べたprintempsの屋上、いまリノベーション中で人が少なくて最高でした。
20161026160533310.jpeg

さて肝心の「トリオ ソ・ラ」のコンサートは美術愛好家の方々が集まるサロンであったのですが
おかげさまで大変に盛り上がり、その場で来年のコンサートのお話が次々に、、、
とりあえず7月には南仏のコンサートが決まりました。

こういう演奏直後のフィードバックは一番嬉しいですね!
20161026160530fb9.jpeg

右からパリ在住のヴァイオリンの瀬川祥子さん
お隣は2年ぶりにお世話になったサロンのマダム マリナ。なんと御自宅には素晴らしい絵画や彫刻にまじって廊下に広重が何枚も!「イロシゲ〜」浮世絵が違和感なく存在感を発揮していて素敵でした。
パリでいろいろサポートしてくださる土屋かおりさん(本当はフードコーディネーター!フランスに日本文化を紹介なさる真ん中はお仕事でもご活躍です)
NYから飛んできたピアノの谷川かつらさん
それと私
2016102616053202d.jpeg
さて一旦またパリ、ベルリン、NYと別れた3人はまたトウキョウで待ち合わせ
11/16は鎌倉でコンサート(こちらは満席に。。。)

17日がいよいよこちらのメイン・コンサートです。
20161027050656fc9.jpeg
「Trio SolLa トリオ ソ・ラ~三都物語 Vol.3」
日 時: 2016年11月17日 (木)19:00〜
出 演: トリオ ソ・ラ 谷川かつら(ピアノ)、瀬川祥子(ヴァイオリン)、水谷川優子(チェロ)
曲 目:
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第3番 ハ短調 作品1-3
山根明季子:「肥後手まり唄」ヴァリエーション(Trio SolLa委嘱作品/日本初演)
ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲 第4番 ホ短調 作品90「ドゥムキー」
料 金: 全席指定:S¥5,000、A¥4,000、学生¥3,000
場 所: 浜離宮朝日ホール
問合せ: 朝日ホール・チケットセンター
tel:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00

今回は民謡に焦点をあてた楽しいプログラム
山根明季子さんによるソ・ラのためのステキな書き下ろし作品もあります!

スケジュールが空いていらっしゃる方はぜひぜひ〜
20161026160528a3c.jpeg
やっぱりパリは絵になりますね。
次回は負けないようにベルリンの素敵な写真をお目にかけねば!!

20161026160610f47.jpeg
地下鉄もなんとなく雰囲気があるのですよね、、、
ちっ ベルリンも負けへんで〜
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/1240-71ff8ed7
この記事へのトラックバック