旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2016-12-10 Sat 11:11
愛媛へ&難民支援チャリティコンサート@大船教会
いま羽田空港におります。
といっても国内線、本日はチェロ雄とともに松山に飛びます。

なのにさっき「あっ!!パスポート忘れた!」と一瞬青くなりました。。。

さて今回はピティナ愛媛県支部の創立30周年記念ということで盟友ピアニスト黒田亜樹さんにお声がけいただきました。

今日はアンサンブルレクチャー&トークコンサート。
亜樹さんと地元の小さなピアニストさんたちを公開レッスン、模範(?!)演奏とあとは自由にお話し(!)ということなのですが、果たして私たち2人に自由に喋らせて良いのか??
弾丸トークにならないよう気をつけようっと。。。

明日は松山市内でメインのコンサートです!

さて、ブログの内容が、、、
いろいろ順番が飛んでおりましてごめんなさい。

ええと、では師走も三分の一すぎてしまって恐縮ですが、
先日の韓国行きの前日のカトリック大船教会でのチャリティコンサートについて

母の友人のシスターに「なんみん共の会(ASR)のお話しを伺ったのは去年のこと、
このグループはすでにー難民として日本に住んでいらっしゃる方々ーを支援なさっているもので
実際日本に逃れてきた方のお話しとサポートなさる方々の姿勢に深く共感いたしました。

そうして東京のカトリック駒込教会で第一回目のチャリティコンサートをさせていただいたのが去年の秋のこと。
二回目は今回と同じ、鎌倉のカトリック大船教会で今春4月に行いました。
20161210081517725.jpeg
毎回マークも駆けつけて弾いてくれています。
(教会の楽屋にて写真はもう着替えてしまったけれど、、、)

毎回コンサートは教会でヴァイオリンとチェロそれぞれの無伴奏曲、そしてDUOもたっぷり聴いていただいています。
20161210081521166.jpeg
響きの素晴らしい大船教会↑
十字架の下にバッハを弾く…まさに身も心も献げる気持ちになります。
今回はメインにヴァスクスの二重奏を弾かせていただきました。
なんて美しい曲、、、弾きながら浄化される思いでした。

ところでこのコンサートでは合間に難民の方へのインタビューや彼らのスピーチもあります。
「なぜ難民になったのか」「いま日本で何を思って何をしているのか」
彼らの生の声を聴く、これが本当に重要なこと!
日本では滅多にない大事な機会だと思います。

ドイツに住んでいると難民問題は「対岸の火事」ではないと痛感します。
日本でだって同じ。

地球上の向こう側で起こっていると思っていることが 実はすぐ隣である

これが自分の国だったら
故郷に帰れなくなったら
家族の安否もわからない状況にあったら

一体、私はどうするのか

自問自答しながら自分に出来る小さいことのお手伝いをしていきたいと思います。
201612100815192d4.jpeg
こちら私のお隣はエリトリアのデサレさん
右はタンザニアのサリムさん
2人ともしばらく会わないうちに日本語が物凄く達者になってらしてビックリ!

一年ぶりに旧交を温めたデサレさんはいま早稲田の大学院で学んでいるとのこと
その学習意欲にはアタマが下がるばかり!

彼の故郷エリトリアはアフリカ最後の独裁国家と呼ばれる国、
「アフリカの北朝鮮」や「世界最悪の独裁国家」とも言われているようです。
無期限兵役があり、自由な発言は一切認めらず、、、
もし公の場で少しでも国家を非難しようものなら即、逮捕され2度と帰って来ない。
人権侵害で国連からも警告を受けています。

この国から逃れたものの一家はバラバラとなったデサレさん
1人で日本で生活しており、前はちょっと寂しそうでしたが
本来の明るさを取り戻しているようでホッとしました。

「東京にも慣れてきたし、なによりも学べる機会があって嬉しい」
と話してくれた彼は日本語でのスピーチではジョークも快調でお客さまも大絶賛!

やっぱり御寄附をいただくのには「支援する相手」がわかるのが一番
そして、その切実な状況を理解するのが一番

コンサート純益の他に当日の募金箱にも沢山いれていただいて
シスター方もお驚きになるくらいの金額が集まったとのこと
(いま正確な数字手元にないのですが、、、)

こちらは彼らの日本語習得や学業のサポートに使用されます。

コンサートを作ってくださった方々 いらしてくださった方々
サポートしてくださった方々

皆さまに心から感謝申し上げます!
2016121008151915c.jpeg
(大船教会の神父さま、ボランティアの皆さまと共に)
20161210110400b41.jpeg
コンサートには礒絵里子ちゃんも来てくれました。
ご主人の武藤さんとマークはワインで友情を結び、幸せに美味しいものを戴けることに皆で感謝!

そうそう、昨日は鎌倉の町でこのコンサートにいらしたという方からお声をお掛けいただきました。
「知ることが出来て嬉しかった」という御言葉に勇気を得て
これからもこの活動を細々とですが応援していこうと思います。
「もし自分の身に起こったら」と考えながら。。。

さて、そうこうしているうちに松山空港に着きそう!
今日の夜はあきちゃんと温泉で反省会かな?!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |