松山気質?!ピティナ愛媛支部30周年記念コンサート

リハに本番に打ち合わせ&たまに懐かしい友人たちとご飯…

師走でなくとも相変わらず時間に追われるバタバタ生活
万年師走のチェロ弾き旅烏です。

さてそのような中で先日の松山行きは心洗われる二泊三日でした。
20161215120833ba2.jpeg
私にとっては5年ぶりの松山
相変わらず太陽に恵まれて幸せな気持ちになる場所です。

今回は「ピティナ愛媛支部30周年記念」でお招きいただいて
先ずは空港から直行したメンバーの皆さまとのランチ
201612151811059cb.jpeg
<腹が減っては戦が出来ぬ!>

暖かく迎えていただいてすでに「絶対に充実の松山滞在になる!」と確信した私


そして午後はアンサンブルレクチャー&トークコンサート
可愛くて若ーーい共演者さんたちと共演して、黒田亜樹さんと2人でレクチャーをしました。
2016121512090982b.jpeg
左からあきちゃん
「トロイメライ」を選んだ大川優来ちゃん、小学6年生
「愛の挨拶」を選んだ猪川翔映くんは4年生
そして最年少2年生の臼坂玲音ちゃんとは「夢の後に」を一緒に弾きました。

「よく勉強してきた」とか「上手だった」なんていう言葉は使いたくない。。。
一緒に音を奏でている時には相手が小学生などと一瞬なりとも思いませんでした。

本当に若いって、素直って、凄いこと
3人ともどんどん変わって2度目に弾いた時には全く違った
感性のアンテナが開いているからかな。ああ楽しかった!

しかしこうしてだんだん共演者との歳が離れていって
いつかこっち80代、共演者20代とかになるのかな。。。

そんな考えが過ぎったあとに
同世代、同い年の「盟友ピアニスト」あきちゃんと数曲演奏
これももちろん「ああ楽しかった!」

この晩は道後温泉を堪能し
20161215120829df8.jpeg
翌日はコンサート
20161215120828acb.jpeg
サンサーンス、ラフマニノフ、ベートーヴェンという王道からピアソラまで
亜樹ちゃんとはもう昔〜から一緒に弾いている気がするけれど
振り返れば初共演からそんなに時間が経ってない。

でも「時」とは相対的に感じるもの
共に深い体験をすれば、一秒一秒が濃いものとなる
そんな2人です。
2016121512083155c.jpeg
コンサートの前半は松山出身ピアニストのお二人が素晴らしい演奏を!
杉本直澄さんと太田糸音ちゃん、お二人とも2016年のピティナ主催コンクール入賞者です。
2016121613012982f.jpeg
コンサートには3人の可愛い共演者の皆さんのお姿も!
20161215120910268.jpeg201612151209088aa.jpeg
可愛い♡優来ちゃんとの写真が手元にないのが残念。。。
20161215120830546.jpeg
ピティナ愛媛支部の皆さまと
201612151209121bb.jpeg
そして打ち上げでは松山気質が穏やかで明るいだけでないところをばーんと見せてくださいました!

音楽を愛し、若者にその心と技術を伝えていらした皆さまと
この晩に心から幸せに杯を重ねたことは言うまでもありません。

翌日は皆と別れ難くてちょっと後ろ髪を引かれながら飛行機にのりました。
松山、太陽も、人もご飯も道後温泉も最高☆でまた明日にでも戻りたいくらい。

ピティナ愛媛支部の皆さま、亜樹ちゃん、ありがとうございました!


さてさて一昨日は東京で小さな本番があって
年内のコンサートは残すところあと23日の福島公演のみ☆

でもやることが山積み、、、気分よく年越しできるよう頑張ろうっと。
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Fri,  16 2016 13:22
  • Comment: closed
  • Trackback: 0