The link at the date of the calendar is an entry.
進化する師のシルエット〜松波恵子先生
2017-11-28 Tue 16:16
今回の日本滞在2週間もあっという間に半分過ぎようとしています。
20171128111316174.jpeg
毎日やることいっぱいでバタバタ、でも今回は穏やかな心持ちで過ごすんだー
と唱えています。

そのような中で昨日は恩師・松波恵子先生のリサイタルに伺ってまいりました。
初めて見ていただいたのは9歳
それから留学する20歳までという長い年月チェロを教えてくださった先生です。

人生でご縁をいただいたどの先生にもひたすら心から感謝申し上げているのですが
特に松波先生には、感謝してもしきれません。

チェリストの影も形も見られない粘土のような私
指もふにゃふにゃ
手もふにゃふにゃ
心もふにゃふにゃ

集中力もないし 海のものとも山のものとも、、、

そんな私を実に辛抱強く、コンスタントに指導してくださいました。
それこそ雨のときも風のときも、ひたすら丁寧に。

先生の凄さは時を経れば経るほど身に染みます。
先生に出逢わなかったら自分はいまチェロは弾いていないだろうと、そう思います。
一生アタマが上がらない恩師です。

その先生のコンサート、ここ数年は帰国のタイミングと合わず、やっと久しぶりに伺えるということでずっと楽しみにしていたのです。

共演者は近年の先生のDUOのパートナー、ピアニストの川村文雄さんと
先生の学生時代からのお仲間、クラリネット奏者の横川晴児先生

プログラムはベートーヴェンとブラームス

そして演奏が始まりました。
満員で補助イスの、しかも前方に座ってしまった私
アンコールが終わるまで息をするのを忘れていたような気がします。

先生の左手
先生の右手

教えてくださったことを体現なさるチェロ
いえ、一層冴えわたるチェロに圧倒されました。

脇目もふらずチェロ道をひたすら歩んでらした先生の後ろ姿が垣間見られるような演奏
なんと美しいことか
真摯な先生の生き方がチェロを通して滲みでてくるのです。

そして横川先生の深い深いクラリネットとともに紡がれる対話のしみじみと美しいこと
そこに詩的な川村さんのピアノが奥行きをあたえる心地よいアンサンブル
なんだか良い小説を読んだような一晩でした。

恩師のチェロ道は揺るぎない一本道
改めてこんな凄い先生にご縁をいただけたことに深く深くこうべを垂れています。

それと同時に、沸々と湧いてくるものもあります。

こんな凄い方に習ったことを無駄にしたくない
先生に恥じる演奏はしたくない

そんな思いです。

これからも先生の後ろ姿を追い続けていきたいと思います。
2017112811131428f.jpeg
って、先生に教えていただいていた時代を思い出していたらピッタリな写真がありました。

先日のフィンランド・トゥルクの市場にいたカモメの赤ちゃんの写真

赤ちゃん!!
でも大きい!!!
お腹が空いていて、しかもお母さんを呼んでいるのか大きな声で鳴いています。
いや、泣いていたのかも。
201711281113133cd.jpeg
(後を追う私 逃げるカモメの子)

松波先生って小柄で可愛い方なのです。
で、教えていただいている間にわれわれ生徒たちはどんどん伸びて身長は先生を追い越す、、、

なぜだか松波門下は背が高めな生徒が多いのです。

でも身体ばっかり大きくても チェロは先生に追いつけなくて、、、
20171128111313ace.jpeg
先生にたくさん たくさん 餌を与えていただいて
どうにか今までチェロを続けることができました。

さて、今日もがんばろうっと!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0
この記事のトラックバック
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |