The link at the date of the calendar is an entry.
2018 new year party&concert
2018-01-09 Tue 10:02
土曜日はコンサート始め、毎年恒例となっている六本木ヒルズクラブでの新年の会でした。

富士山🗻51階なのでよく見えます。

応援してくださる(奇特な😆)方々のお集まりEnne倶楽部、この日は兵庫、和歌山や新潟からも御参加がありました。

マークと2人で決めたテーマはヴァイオリンとチェロによる-オペラの世界-

こちらはアンコールでモーツァルトのドン・ジョバンニ、サプライズで弾く場所を移動!


壮観!今回は100人を超える方がいらしてくださいましたが、和気藹々とした穏やかなひとときでした。

会の名前、Enne倶楽部(えんねくらぶ)の由縁はフィンランド語の古語から来ています。

演奏のあとは皆で乾杯!
美味しい御食事とデザート
各テーブル毎のプレゼントコーナー
楽しいスピーチと代表幹事のためになる干支一言などなど

楽しいとあっという間に時がすぎていきます。

お帰りになるときの明るいお顔を拝見しながら-皆さまが新しい年への希望と抱負を胸にお帰りになりますように-そんなことを心のなかで願っておりました。

老若男女問わない方々が集まってくださるこの会、雰囲気が良いのが一番ステキなところ。


そしてマークはこの翌日にベルリンに発ち、空港から大学に直行。

私もリハーサルが始まりました。
本日から本番で毎日盛りだくさんです。

でも昨日のお昼にNHK BSで祖父・秀麿のドキュメンタリー番組「戦火のマエストロ」の再放送(なんと9回目の再々放送だそう!!)をやっており、

楽譜片手に横目で観ながらいろいろと思いだしました。

なんだか、祖父に喝をいれられようです。
私も、ベルリン時代の秀麿のように自分を逸らさない生き方をしたいな。

じゃあ、最後に鎌倉から望む富士山🗻御姿を〜
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0
この記事のトラックバック
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |