FC2ブログ

假屋崎さんと和の心 キモノ

先週、日本に戻ってすぐのこと

和歌山の友人が仕事の呉服の関係で我が家の近くに来訪

しかも「華道家の假屋崎省吾さんもいらっしゃるから寄ってくださいね」とのこと

その日は朝からリハ、時差ぼけも出る時刻でヨレヨレな姿で辿りついた会場には着物がずらーり‼️

「あれ?」チェロを担いだ私はいかにも雄々しくどうにも場違いな雰囲気です。

友人たちに挨拶していると、いつもフレンドリーな假屋崎さんが見つけてくださって「さあさあ❤️」と着物に囲まれ、はっと気がつけば手練れのおばさまが洋服の上からさっさと着付けを!

またたくまにこんな姿になっておりました。
20180426185642fe1.jpeg

(音楽がお好きな假屋崎さん、10年ほど前にコンサートでご一緒して以来のお付き合い)

これ私は着物ONジーンズなのです。
上下とも着たまま!!

帯は洗濯バサミのようなもので止められているし、足袋も指先しかないものを靴下の上に被せるだけ。

実は帯も半幅に折っていないし、帯留めも閉じたまま。こうやったら着物も試着できるのね!

便利だなあ。
しかも着付け3分くらい。
凄いなあ。

この大胆なカーラーの絵柄の着物も帯も假屋崎さんのデザインです。
20180426195525c2c.jpeg

やはり着物はそこに置いてあるより立体的になるほうが生き生きしてくる。

そうだ、カーリーこと假屋崎さんには
『水谷川さん着物お似合いよ!着物ドレスだけでなくちゃんと着なくっちゃ』と仰られ、まんざらでもなく喜んでいると。

『もう、最近の子って細すぎで着物が似合わないのよね、このくらいなくちゃ』と

ううむ、、、
そんなこと言われたらますます喜んでダイエットが遠のきます。ずっと着物着ていたいワ。

「日常で着物を着るおばあさま」は幼いころからの憧れです。

が!!しかしながら着物を着るとチェロは弾けないのでした。やはり弓道の時みたいに袴着用かなー
20180426195535c94.jpeg

〈新緑の美しい季節、どこもかしこも生き生きしています〉
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa