FC2ブログ

聖マリアンナで子どもたちと 「ビリビリ」

実は不調だったのですが、やっと本調子になってきました。

この間いちばん気をつけたのは身体に耳を傾けること。食べるものも、行いも、ちょっとだけ静かにして、耳を澄ます。

そうしてチェロ雄の力を借りて身体と相談してすごした数日間でした。しみじみ音楽は自分の心とカラダのバロメーターのようなものだなあと思います。

そして昨日は聖マリアンナ医大の小児病棟に勤める同級生Kのお誘いで子どもたちのところに演奏に伺ってきました。
こちらの病棟ではKids Artという入院している子どもたちの為に色々なプロジェクトがあるそう。素晴らしいことですね!

左がその責任者でいらっしゃる小児科の勝田先生、右が小学校から同級だったK o(^-^)o
プレイルームにて
驚くほど集中力のある子たちで、最初は話を挟んで演奏中の皆の気配を見ながら、小品を弾いていたのですが、とうとうバッハの無伴奏や文楽まで弾いてしまいました。
(お子さま方のお顔が見えないよう、失礼ながら花をスタンプ🌸させていただいています)
↑手がビリビリの図!!

コンサートのあとにはこうしてお2人ずつ左右からチェロに触れてもらいます。

おっかなびっくり手の平をチェロにくっつけて、いざ鳴り出したら気持ちが良さそう。驚くよりも目を瞑って響きに身を任せる子の姿が可愛くて、、
みんな生の音楽を聴くということは音の波を身体全体で受け止めてるんだって、気がついたかな?

こういう時はチェロ雄が子どもたちをハグしてるみたいに感じます。

それにしても子どもたちは素直で吸収力がある!
満面の笑みに、こちらがエネルギーをいただいてきました。

みんな、ありがとう!!
はやく良くなると良いね!!
また会おうよ by チェロ雄
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa