FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

ベルリンのお醤油

「着るものがない!?」思わず叫びました。

昨晩遅くにベルリンに戻ってたのですが、寒いのなんの、まるで冬。

先日、和歌山で素晴らしいお天気に恵まれた4日間をすごしたばかりなので、身体が驚いています。

今日の午後は摂氏4度、近所への買い物には今期初のダウンジャケット&帽子&手ぶくろという重装備でした。

明日だけ19度になるとの天気予報、ホントかな?

さて、今から短いけれど久々に自宅生活を満喫します!8月から3日続けて家で寝泊まりしていないのでひたすら嬉しい。

盛りだくさんだった和歌山のブログもアップせねば、先ずはベルリンまで連れ帰った戦利品をお目にかけましょう。

20181030001311999.jpeg


私の好きなこと:旅先で調味料や食材をみること。世界中どこに行っても必ず試みるのが、市場を覗くこと。
それが難しければ小売店、あとはスーパーマーケットも面白い場所です。

日本では出来るだけお醤油やお味噌などの醸造所を訪ねます。まあコンサートの合間しか行けないので限られた範囲ですが、、、もちろん酒蔵も大好き!!


和歌山県第一日目の有田では、コンサート後
に「いつも美味しいお醤油を探してる」と漏らしたら、その場でカネイワ醸造所の社長さまにお電話くださって急遽、翌朝の訪問が決定!

201810300124420bb.jpeg

大正元年創業の「カネイワ醤油本店」
リンクhttps://www.kaneiwa.net

20181030025208ef9.jpeg

こちらの若奥さまと、お醤油の良い香りの中で写真。

いろいろあるお醤油を試させていただいた中で私がダントツに好きだったのが「古式しょうゆ」いわく『足し引きゼロの昔ながらの味』だそうで本桶蔵仕込み。

お醤油だけを手の甲に一滴のせて舐めると、単純に舌の上に残るものがないのがわかります。スッキリした味が、不純物のなさを物語っているのですね。

お店の隣の醸造所を拝見、巨大な醤油樽!
20181030025220234.jpeg

一緒に東京から旅してくださったIさんもびっくり。自分も樽に落ちたら醤油漬けになってしまうなどとドキドキしながら「マグロのヅケ」を思い出す。
20181030025230a8c.jpeg

美味しそうなお豆の香りが前の道まで漂っています。

あと無添加の「卵かけご飯のしょうゆ」も戴いてきました。こちらは木樽二年熟成醤油をベースにかつおこんぶ出汁を効かせたもの。サラダのドレッシングに使いたい!

他にも
「穀醢 こくびしお」諸味(もろみ)をただ搾っただけで、調味はもちろん火入れさえも行っていないお醤油。
「金剛空海醤油」醤油の澄んだ味わいを求め、圧搾で醤油を搾らず、その昔、醤油を手で搾っていたころの味わいに近づける復刻醤(ひしお)

などなど興味深いものがたくさんあったのですが、また次回に!
201810300252486be.jpeg

こちら右がご主人、左が和歌山ツアー、いえ和歌山とのご縁の源とも言えるKさん。

また良いご縁をいただきました!

帰りがけにご夫妻が私たちにくださったのは「橙ぽん酢」もちろん有田産の橙使用です。

ベルリンの冷蔵庫に常備しているのは生まれて初めて高知県に行って以来の気にいり「馬路村の柚子ぽん酢」、そして大分で知った「かぼす胡椒」などなどいろんな柑橘系の調味料など。日本は柑橘系もいろいろあって面白い!

和歌山から新しく仲間入りした橙、使うのが楽しみです。

最初の写真に写っているのは、その他に仕入れた
「熊野の青山椒」と
紀州南高梅を使った「梅塩」

あとは関東で発見して試してみたい糖類無添加の純米みりん(新潟県長岡市のもの)と三重県四日市市の胡麻辣油
201810300013190aa.jpeg

まだ今日は近所の八百屋さん(ドイツだとイメージが違うけど)とお肉屋さんにしか行けていないけれど、水曜日には近くで立つ市場に行きたいな。

いまのシーズンは何が美味しいかな?お肉ならそろそろ鴨が出回ってくるでしょうし、野菜系はキノコ類や、ネギ、玉ねぎにあとはカボチャ?
20181030001301142.jpeg

とりあえず明日はこのカボチャをくり抜いてスープで姿煮にしよう。

ちなみにドイツでの「ハロウィン🎃」はアメリカから渡ってきたもの。だからここには伝統的なお祭りはなく、ベルリンの街も静かなものです。

近年は仮装する子どもたちの姿を見ることも多くなってきましたが、大人は見たことないな。

一部の州では休日だけど、それはハロウィンとしてではなく「der Reformationstag」(宗教改革記念日)でマルティン・ルターの宗教改革を記念する日なのです。

日本のニュースサイトで渋谷で騒ぎを起こす大人たち(成人)の記事を目にしましたが、問題となっている方々の中にこの日の意味を考えた人はどのくらいいるのかな?
または万聖節の前夜だって知っている人は?

日本のお盆のような日なのだから、悪ふざけだけだと祟られちゃうぞー
関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/1349-cc10493f
該当の記事は見つかりませんでした。