FC2ブログ

睦月のいろいろその1

気がつけばすでに如月に突入、、、

今日は午後からサントリーにてコンサートです。
ただいま出勤中、朝陽が眩しい。

さて新年早々にフィンランドを東から西へ怒涛の移動しながら2つの音楽祭で弾かせていただき、速攻で日本へ。

ヘルシンキから東京は本当に近い!近すぎて寝ようと思ったらもう到着でした。

そして着いた翌日からさらなる「怒涛のがぶり寄り」が続いて先日はとうとう疲労困ぱい、ちょっとダウン。さすがに反省しております。

と、いうわけであっという間に過ぎ去った睦月をちょっと振り返ってみます。

先ずは1/11には新年の会が二つ
お昼は船橋のお集まり(写真撮り損ね、、)

そこから虎ノ門へ移動して
20190202081015097.jpeg

夜は去年も弾かせていただいた霞山会の新年互礼交歓会

お箏奏者の榎戸二幸さんと一年ぶりの共演!
20190202081030de9.jpeg

私はまたまたドレスでの写真撮り忘れ、、
20190202081022a4b.jpeg

お懐かしいお顔も拝見できました。
左から2番目は歴史学者のクリストファー・W・A・スピルマン先生、「戦場のピアニスト」の主人公Szpilman氏のご長男です。ピアニストだったお父上と祖父・秀麿のご縁もあってか、私にとってなんだか懐かしい感じがする方。お目にかかる度にそれが深まります。

そしてその翌日は六本木ヒルズクラブにて毎年恒例の「Enne倶楽部 new year concert & party」

今年のゲストは前日に続いて榎戸さん!
お箏とチェロ、なかなか手ごたえのあるDUOができます。
201902020810389b6.jpeg

榎戸さんの大叔母さまは宮城道雄さんに非常にお近しかった直弟子、宮城先生といえばお箏界のパイオニア。秀麿との交流も濃く、色々な楽曲が生まれたお話など伺って興味深く思っています。

近い将来に、彼らの手掛けた「共作」を私たちの手でDUOにしてみたいと密かな野望が生まれました!

榎戸さんの着物姿は本当に美しくて「博多人形みたい」というお声がたくさん。伺ってみたらなんとお持ちの着物は300枚とのこと!
20190202081056389.jpeg

さてこのEnne(エンネ)倶楽部は応援してくださる方々のお集まり、すなわち後援会なのですが、レクチャーコンサートや対談コンサートなど色々面白いこともするので皆さん仲良くなられて良い雰囲気。

この新年の会でもかヨーロッパのお土産をかけたジャンケンの戦いや、サプライズなどもあり盛り上がってくださいます。
201902020811029c2.jpeg

新潟や関西からもご参加いただいて今回は90名で新年をお祝いしました。

またお箏とチェロでも音を紡ぐ日が近いかも!
20190202081047ad4.jpeg

あ、そろそろゲネプロが始まります。
続きはまた!!
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa