FC2ブログ

音楽ファミリー@ベルリン&北イタリア

気がついたら明日から弥生🌸

2/15よりベルリンへ「戻って」おりまして
いまから日本へ「帰り」ます。

そして直ぐにシンガポールへ、今度は夏物を詰めなくちゃ。相変わらずの旅烏です。

さて今回は着いた翌日からリハーサルの日々。同時に遠方からのお客さまが続き

初の猪料理に挑戦〜
201902282229526dd.jpeg

やはりお肉屋さんが良いので臭みも全くなくトロトロでした。ワインとよく合うこと、、、

一年前までマネージャーをつとめてくれたMちゃんもベルリン登場、元気そうでよかった!
20190228223124185.jpeg

語学留学先の英国オックスフォードから訪ねてくれました。マークとの英会話も良い感じ!

それから卒業&在籍中のマークの生徒たちが入れ替わり立ち代り ご飯に、コンクールや将来の話をしに来たり。

毎日いろいろありましたが、落ち着いてチェロに向かうことも出来たのでなんだかストレスフリーな日々でした。
20190228223453a83.jpeg

さてシンガポールでは空港でフィンランドから飛んできたラルフとパリから飛んできたマークと落ち合って翌日からオーケストラとのリハーサルとマスタークラスが始まります。

3人とも初のシンガポール!一体どんなことが待ってるかな。

コンサートは3月10日、ホールはビクトリアシアターで歴史的建築物だそう。

共演するのは現地でいま注目されている室内オーケストラ、マークの弾き振りでバッハのブランデンブルク協奏曲、ラルフの指揮でモーツァルトのシンフォニー、私はラルフとマークとベートーヴェンのトリプル協奏曲を弾きます。
201902282237129c2.jpeg

この曲は我々のレパートリー、、というかピアノ三重奏のコンチェルトは非常に珍しい。あったとしてもきっとこれを超える名曲はないでしょう。それにベートーヴェンはチェロ協奏曲を書いてくれなかったので、チェリストにとっては物凄く大切な曲!!

この5月はこの3人で東京で2つコンサートします。

1つは5/7(火) 日経ホールのシリーズでオール・トリオのコンサート
20190228223856eff.jpeg

もう1つは5/10(金)の紀尾井ホール、私のリサイタルシリーズ(ラルフとマークのデュオもあり!)
20190228224443b3c.jpeg

是非いらしてください〜
一曲も重なってないので両方おススメ! 笑

このリハーサル後に日本向けのメッセージ動画を撮ろうとしたのですが、こんな感じでいつも誰かが笑いだしてなかなか撮れない。。。
20190228224758584.jpeg
20190228224822189.jpeg
2019022822484087e.jpeg

まあ、リハーサルもこんな感じで楽しくやっております。

とにかく、どうしよう、こうしよう、とほとんど言葉を使わずに音を紡いでいけるのは本当に幸せ。

マークも私もそれぞれ音楽を共通言語としている家族に育っており、なんだか似てる。

そして今月はもう二つの「ファミリー」にも再会できました。

実は先週末、マークの仕事にくっついて北イタリアへ行っており、そこにスイスから姉夫婦が南下してきてくれて久しぶりに4人でゆっくりと過ごせたのです。マークには悪いけれど、私は休暇を満喫!!
20190228225010777.jpeg

201902282309062e2.jpeg

街は去年9月にマスタークラスで来たブレーシアです。
20190228225103341.jpeg

前回行けなかった丘の上のお城も訪ね
20190228225150cf5.jpeg

ここの気取らないのに実に美味しいご飯にまたまた感動
201902282252383bc.jpeg

20190228225342061.jpeg
201902282254057f1.jpeg
201902282254584ac.jpeg
201902282255235b4.jpeg
2019022822554589d.jpeg

こんなに時計を見ない時を過ごしたのは、いつ以来かな。

ちなみ姉の主人であるヨハンはチェリスト、私がマークに出逢うまえに、彼らは共演していたというご縁!いろいろ繋がっています。
20190228225638339.jpeg

そんなヨハンちゃん(あだ名)も音楽を共通言語とするファミリーで育ったので、ここも我々と同じ、、、
201902282257193f0.jpeg

音楽談義にも花を咲かせました。
姉たちファミリーに会えるのは次は復活祭のころかなあ。

次回は姪たちと甥と全員集合となりそう。
201902282300110e7.jpeg

そして音楽談義といえば、昨日はベルリンでマークの弟(half brother)マリスの遅れた40歳の誕生日を祝いました。
20190228230204053.jpeg
左からマーク、マリスの息子のリユン、ラルフ、今年からノルウェーのオーケストラの企画プランナーに就任したマリス
20190228231541dbb.jpeg

妻は作曲家のウンスク・チン、ラルフのプレゼントのチベットの曼荼羅の美術本に大興奮。

私は彼女の手書き譜を見せて貰って、その綿密さに大興奮!
20190228232005eca.jpeg

そしてラルフの妻、ヴィオラ奏者のスーザン、1月も一緒に弾いていました。
2019022823232270f.jpeg

あ!!!飛行機に遅れちゃう、そろそろ行かなくちゃ!!!

ではまたーー
20190228232351a44.jpeg

20190228232422123.jpeg
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa