FC2ブログ

桜から梅そして桜へ~弥生の日々

昨晩は、、、久々に痛恨の凡ミスをいたしました。

このご無沙汰ブログ日記、なんとか日付けが変わるまでにアップしようと物凄い勢いで書き始め
一瞬目を離したすきに ぜんぶ消えた。。

いつもは自動的に下書き保存されるのに、、長く書いたときに限って!!

でも今日も朝からリハなので、強制的にブルーな気持ちのまま眠りについた訳です。ブルーというよりほぼ群青色な気持ちで。

そのような訳で行き帰りの電車の中でこのブログを書いております。

昨日は思わずオンタイムで新元号ニュースを見てしまい、一日中いろいろなことが千切れ雲のようにアタマをよぎりました。

凄いと思ったのが、この季節「寝ても覚めても桜一色」という雰囲気の中で
2019040222392922b.jpeg

昨日はニュースも心も一気に「梅」となったこと。

「令和」という文字の印象と響きも、出典が万葉集からと聞いたとたんに柔らかく感じ、ちょっと肩の力も抜けた気がしました。

いま「お上」(この場合は政府) から平和や秩序を守るとか保つなどという言葉や、私たちを鼓舞したり、現状に蓋をして明るい未来を願う、そんな年号を定められたとしたら

もうこの先の道が細く、途切れそうな気分になったかと思うのです。

私は「いえ、もう頑張れません」となったかと。。


そういえば古の奈良の都でのお花見は梅であったそうです。

私の弓道の恩師、前師範は大正生まれの方で梅のお花見を好んでいらっしゃいました。私も毎年、日本にいたら必ず連れて(くっついて)いっていただいたもの。そこで初めて梅の存在が、厳しい冬に別れを告げて春への橋渡し役をしているのだと教えていただきました。

梅の花が慎み深く咲き始め
幽けき香りがあたりを漂う

愛らしい桃の花や
華やかな桜とはまた違った気高いものを感じます。
2019040222233120a.jpeg

新元号「令和」が使われるまで あと1カ月。

平成のときと明らかに違うのは今回は喪失感がないことかな。

天皇陛下が生前に御退位なさることで
まるで二代の陛下に見守っていただける
そんな気持ちで過ごせる気がします。

ということで昨日は私のアタマから新年度も月曜日もエイプリルフールすら吹き飛んでしまいましたが、世間では入学式もあったでしょうし、私も心を桜に向けて新たな気持ちで歩みたいと思います。


キョーフの10連休の直後(5/7&5/10)にはラルフ&マークとのコンサートが待っているので気は抜けません。

と、いう訳で気を取り直して弥生の日記の続きを!

3/17は大阪でリサイタル
シンガポールから一緒に日本に戻ったマークもレッスンにかこつけて来てくれました。
2019040200425986d.jpeg

珍しいチェロとマークの図
チェロ雄が小さく見えますね、居心地良さそう。
201904020038598c8.jpeg

リサイタルでピアノを弾いてくださったのは小柳美奈子さん。

前日に大阪入りしてリハーサル、遅ればせながら美奈子さんのお誕生日のお祝いも!
20190402103721f9f.jpeg

フェニックスホールの素晴らしい響きに浸るのは久しぶりでした。勝手知ったる気分でリラックスして弾けます。

この11月はホール主催でトリオ ソ・ラのコンサートをさせていただきます。けっこう意欲的なプログラムで乞うご期待!
20190403013037980.jpeg

こちら前半の写真:美奈子さんとロシアの小品たち ソロではバッハとソッリマを
20190402111558a0e.jpeg

後半はプーランクのソナタと加藤昌則さんの楽しい映画音楽をひねった作品でアラビアのロレンスあり、風と共に去りぬあり、メアリーポピンズに邦画のあのメロディと、2人で楽しく暴れ(?)ました。
20190402104630ef3.jpeg

毎回、関西のコンサートで譜めくりしてくださるサックス美女のMちゃんを挟んで♡
20190402104717c13.jpeg

いつもお世話になっている大阪新音の皆さま、この度も暖かく迎えてくださってありがとうございました!!

マークも写っておりますね。今回は客席で聴こうとしたところ、会場で知人に出会うたびに「あ!マークさん☆マークさん今日は弾かないの?!」と日本語でお尋ねいただいたらしく、、休憩時にはさりげなく楽屋方面に隠れにきました。

どうやらマークは日本語がペラペラだと信じてくださる方が多いらしい。パリでの私のフランス語と同じか。
20190402161614303.jpeg

サイン会終わって宿題のサイン帳にサイン
201904021617137ee.jpeg

「マークさんも一緒に写ってください♡」と言われがちなマークの図。

さて美奈子さんとは次回、6月ににっぽん丸に乗船します。金沢港から礼文島へ~

旅にあった楽しいプログラムを弾きたいと思います。
20190402224425082.jpeg

楽屋であんみつ、みつかっちゃった。

この度、大阪ではK医科大のN先生のお声掛けでコンサートにいらしてくださった方々とご飯へ。

これが何ヶ月も楽しみにしていた「焼き肉」!!
ベルリンで憧れる食べ物のひとつなのです。
20190402222654842.jpeg

ここはディープな鶴橋、それでもこんなクオリティのお肉にはなかなか出会えないそう。まさに肉のパラダイス!!
2019040222480284e.jpeg

音楽のことから、ヨーロッパ談義、日本談義に花を咲かせながら、N本ハムのM田さんの焼肉の手さばきに見惚れます。お肉の世界も奥深い!

実は焼いた内臓系はトラウマ有りでちと苦手、でもそれが生まれて初めて心から美味しいと思いました。マークも隣でパクパク。
20190402222718e35.jpeg

N山先生、M田さん、皆さま、美味しく楽しい時間を有難うございました。

そしてこの翌日は数ヶ月前から予約をとっていた市内の整体へ、数時間かけて歪みも疲れもリセット。
20190402225714912.jpeg

そしてマークの「日本の両親」のところへ

お能や音楽、さまざまな伝統芸能や「道」について、日本の在り方、EUの問題点などなど
数年ぶりに4人で話し込みました。
20190402225903ea5.jpeg

庭のたわわに実る橙に興味を抱いたマーク
「オレンジだ」違いますよー
20190402225949b01.jpeg

あまりの豊作ぶりに急遽、橙狩を遂行!
何十個取れたかなあ。素晴らしい香りでした。

穏やかな時間に感謝。

それからリハーサルやレッスン、インタビューやラジオの合間を縫って葉山にも滞在しました。
残念ながら一泊だけだけど、、でもお正月も返上で去年からずっと休みがなかったマークにとっては命の洗濯になった様子でホッとしました。
20190402232249037.jpeg

マークとの何年越しの約束だった葉山の隠れ家イタリアン「ラ・サーラ」へ
武藤敏樹・礒絵里子ご夫妻と鈴木大介ご夫妻と存分にワインを楽しみました。美味であった。
2019040223221328a.jpeg

それから3/23は先日アップしたオルガンの関本恵美子さんとのコンサートが彩の国さいたま芸術劇場で
20190402232946d27.jpeg

その翌日はマークと明治学院大学のアートホールで「病気の子どもと家族のためのチャリティーコンサート~ハウス・グランマを支えてください」
20190402233932a01.jpeg

こちらは明治学院大学社会学部が、社会福祉学科の卒業生である坂上和子さんが代表を務める認定NPO法人「病気の子ども支援ネット 遊びのボランティア」と共催したもの。

[病気の子どもや家族の福祉的支援は制度の狭間におかれ、特に小児がんなどの子どもの場合、高度医療を求めて地方から東京に来られた場合、完全看護体制のない成人病棟などで、親が長期間病室で付き添っていることも珍しくありません。このNPOは、親御さんに温かい食事を届けたり、「ハウス・グランマ」という子どもと家族が集い、親御さんが一息つける施設で休んでもらったり、話を聞いたりという活動を、遊びのボランティア活動に加えて続けてきています。

本学の複数の教員とゼミ生が、病気の子どもと家族のための支援に協力しており、親御さんに代わって、学生が子どもの付き添いや病院内の遊びの支援をするなどしています。]
20190402234042e8d.jpeg

こちら私のお隣が坂上さん、明るくて力強い方!
20190402234604494.jpeg

コンサートの後には、実際にお子様が重い病気にかかった際にこの団体に助けられたというお母様方の御言葉を伺うことができました。

中にはご自分のお子さまを亡くしながら、いまはこちらの団体でサポートする側にいらっしゃる方も。
201904022347417a5.jpeg

さまざまな世代の たくさんの方が いろいろな方法で支援する、素晴らしいNPOだと思いました。

それにしても日本の社会制度には行き届かないことがたくさんありすぎる。
それから私も知らないことが多すぎる。

またぜひ応援させていただきたいと思います。

そしてその翌々日は都心のビルのサロンにてコンサート
201904022358024ae.jpeg

終わって一部のお客さまとランチを楽しみました。
20190403002227ff2.jpeg

いろんな年代層の方からお話を伺うのは楽しい。

様々な視点から物事を見たいし、そういうインプットが、自分の中で咀嚼されて、アウトプットに繋がるのだと思います。

そしてこの翌日はインタビュー(それはまた後日)
そしていまマークはイタリアのマスタークラスに絶賛レッスン中です。
20190403003155fb6.jpeg

日本の桜
20190403003221a4d.jpeg

先ほど送ってきたイタリアの桜!!

それから私は3/30に朝日カルチャーの湘南教室にてサン-サーンスのチェロ協奏曲のレクチャーを。
20190403003353723.jpeg

ピアノはまたまた佐々木京子さん、真ん中は朝日カルチャーの栗田葉子さん、皆で指をさしているのはチェロ雄の守り神「ミー」!
20190403003542a38.jpeg

全員ではないけれど受講してくださった方々と記念写真。

ということで走り抜けた弥生でありました。
こうして書いていると反省点がいっぱい浮かんできますね。

でも同時に得たもの、いただいたものの豊かさにも気がつく。

さあ、明日も頑張ろう!
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa