FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

十牛図からシベリウス / LFJ祭

史上最長のゴールデンウィークもあと少し
どこも恐ろしいほどの人+人+人です。

いつも平穏な家の周りももう9時くらいからザワザワ。早朝は元気に自己主張している鶯やコジュケイ、栗鼠たちも夕方まで身を隠しております。気持ちはわかる。私も人混みは苦手。あと湿気も。

さてギリギリで改元前の日本列島にすべりこみ
「平成最後の日」はO女史のサロンにて5/10のプログラムについてレクチャーさせていただきました。

20190504114249943.jpeg

音の資料もご紹介しながら、コンサートに向けてイメージを膨らませていただくための2時間。

そして終わってからは近くのイタリアンにて白アスパラの会!
20190505134425506.jpeg

やっぱり少人数制だと密にコミュニケートできて良いですね。終わってからも皆さまといろんなお話ができて楽しい会となりました。
20190505134616883.jpeg

(可愛く美しい桜エビさんたち ベルリンじゃ絶対に食べられない)

今年は日本フィンランド外交樹立100年ですが、そんなフィンランドが独立してまだ102年。。

シベリウスの音楽は、帝国ロシアからの独立を目指して奮闘する国民を鼓舞したと言われますが、シベリウス自身が自分のなかの「祖国フィンランド」に目を向けるようになったのは妻アイノとその父親の影響が大きい。

フィンランドは1155~1809年という長い間スウェーデンに統治され、独立前までフィンランドの公用語、教育は全てスウェーデン語だったのです。だからシベリウスのフィンランド語はかなりアクセントが強く、また書くのもそんなに得意ではなかったらしい。実はシベリウスには、御遺族が長らく公開を拒んでいた日記があるのですが、数年前にそれをマークの母アリアがフィンランド語に翻訳したのです。スウェーデン語をベースにところどころ癖のあるフィンランド語、私的なものなので謎の走り書きなどもあり、訳すのは一筋縄ではいかず、それはそれは大変な作業だったと話してくれました。

そんなことを絡めたシベリウスの話しのあとは、ラウティオについて:作品を始めとして、彼のフィンランド人らしい素朴で謙虚なお人柄を示すエピソード、ゴトーニファミリーとの友情についてなどなど。

そしてラルフのライフワーク「十牛図」
20190505141300d0d.jpeg

牛を真の自己、自分を牛飼いに見立てて
それを説く十枚の絵図は禅の入門書と言われるものです。

今回、初演するのは第七図「忘牛存人」と 第九図「返本還源」をテーマにした瞑想曲。

鈴木大拙先生のお言葉と梅原猛さんの解説をご紹介しながら、なぜラルフがここに心惹かれるのかお話しました。こうして言葉にすると、自分のなかで明確になって 引っ張りだされるものがあります。
20190505143212b64.jpeg

これが「平成」の締めくくり、、
不思議さとワクワク感に包まれながら、来たる御代の平和を願って乾杯いたしました。


天皇陛下の御言葉と 両陛下お揃いのお姿に
すこしでも前進できるよう 精進したいと強く思っています。

そして「令和最初の」コンサートは5/3に黒田亜樹さんとのラフォルジュルネ。
201905051435272e3.jpeg

LFJ 丸の内エリアコンサートで東京ビルTOKIA にて
201905051437140f4.jpeg

さすが国内屈指の音楽のお祭りで熱いこと!!
エリアはかなり盛り上がっておりました。
201905051436211f0.jpeg
2019050514364827b.jpeg

今年のLFJのテーマは「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」だとか。旅烏仲間のわれわれにピッタリ!とは亜樹さんの弁。

何故かこの2人が揃うとさらに珍道中になります。
20190505143840efb.jpeg

ヴィラロボスピアソラをテーマに演奏
亜樹さんとの共演はいつぶりかしら?

これぶりかな?
https://youtu.be/3Qf3xc5tuxk
この日も弾いたヴィラロボスの動画撮り以来
https://youtu.be/DIIfGWMmBl4

毎回、一緒に弾いていてスカっとした爽快な心持ちになります。楽しいのう
20190505144035368.jpeg

実はこのプログラムは8/8の「2人のバッキアーナ」の布石であり
201905051454033c8.jpeg

(ちなみに売り出しは明日から のはずhttps://s.confetti-web.com/detail.php?tid=52204)

さらに9月のイタリアでのレコーディングの布石でもあります。

令和元年はじまりました。

マークも昨日、上海のコンサートを終えて元気にやって来ました。ラルフもこちらに向かっています。

まずは明後日の日経ミューズサロン。

「一つ一つの機を大切に、生き急がないように」
音を紡いでいきますね。


あ、今度から以下のようなものをときどきお知らせすることにいたしました。どこかの会場でお目にかかれますように♪

令和もよろしくお願い申し上げます。

✳︎年間予定 (5/5アップデート)

5/7 (火) 18:30 第484回日経ミューズサロン ラルフ・ゴトーニ スペシャル・ピアノ・トリオ 日経ホール 東京

5/10 (金) 19:00 チェロリサイタル・シリーズ Vol.12 〜北欧のマエストロを迎えて〜 紀尾井ホール 東京

‪5/11 朝香宮杯 前夜祭 withマーク・ゴトーニ‬ 津カントリー倶楽部 ‬ 三重
5/18 (土) 13:30:DUO with 山本貴志
音の旅 〜琥珀の涙の物語〜三甲美術館 岐阜
満席 5/21 サロン・ディナーコンサート @大阪‬
‪6/15‬ (土) 13:45 〜ケルト・スピリッツ2019〜with 鈴木大介 (ギター) 紀尾井町サロンホール 東京
完売 6/20-24 にっぽん丸クルーズ:礼文島ほか
7月 Ensemble with Regis Pasquier Savonlinna
8/8 ‬ 「‬2人のバッキアーナ」with 黒田亜樹(ピアノ)
第1公演 〜昼下がりの黒鳥〜15:00
‪ 第2公演 〜暮れなずむ白鳥〜19:00 紀尾井町サロンホール
‪8月 Trio SolLa Berlin‬
9/8 (日) 15:00 チャリティコンサート カトリック大船教会
‪9/9 (月) 18:30 アトリウムコンサート 日本橋三井タワー
9月 Pescara Italy concert and CD recording
‪9/29 (日) 14:00 アンサンブルφ 横須賀三浦教育会館 神奈川
10/2 (水) 19:00 チャリティ・ガラ・コンサート 紀尾井ホール 東京
10/9 デュオwith ハープ 山宮るり子 上越文化会館
10/10&11 アウトリーチ 長岡市&燕市
10/12 デュオwith ハープ 山宮るり子 だいしホール 新潟
10/13 デュオwith ハープ 山宮るり子 三条東公民館
10/18 和波 孝禧と仲間たち 清里 長野
10/20 第28回 和波孝禧<仲間とともに奏でる秋の五重奏> 東京文化会館 小ホール
10/22 アンサンブル 銀座 王子ホール
10/24 品川ロータリー 記念コンサート
10/25 フィンランド大使館:「日本フィンランド外交100周年記念」
10/26 和波 孝禧と仲間たち あづみ野コンサートホール
11月21日 (木) 13:30 トリオ ソ・ラ 宗次ホール Munetsugu Hall 名古屋‬
11/22 (金) 14:00 トリオ ソ・ラ ザ・フェニックスホール 大阪
11/25 (月) 19:00 トリオ ソ・ラ 浜離宮朝日ホール 東京

皆さま
関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/1368-703f10c0
該当の記事は見つかりませんでした。