FC2ブログ

リサイタル・シリーズvol.12 〜北欧のマエストロを迎えて〜

“The Show Must Go on!!”

いま岐阜行きの新幹線の中でこれを書いております。

ちょうど1週間前の今日は紀尾井ホールでラルフとマークを迎えたリサイタルでした。

ふと気がつけば繰り返し耳のなかで鳴っているのは

「Show Must Go on♪」
Queenのあの曲のサビメロディです。

リサイタルの翌朝早くにラルフはベルリンへ
マークと私は三重県でコンサート
そしてマークはその翌日にベルリンに発ちました。

それから私は
免許の更新に行き 歯医者に行き 加圧に行き
毎日リハの前後に朝食女子会や旧友たちとミニ同窓会
それからロータリーで卓話演奏など。

明日は恒例の岐阜の三甲美術館のコンサートです。

ここで振り返っておかないとまた先へ先へと流されてしまいそう。
20190513181802d80.jpeg

さて第12回目のリサイタル・シリーズ

前準備はいろいろ大変だったのに
こんなに自然な気持ちで弾けたのは

やはりファミリーのおかげでしょう。
やっぱり彼らと弾くのはもっとも自然

ベルリンやフィンランドの島で一緒にすごしたり
時にはあちこちの国で破茶滅茶な冒険をしたり

マークとは当たり前だけど
義父のラルフとも楽しいことも 大変なこともけっこう分かち合ってきた気がします。

でも大変なことがあってもいつも笑いあってすごしてるのが、われわれファミリー。
2019051318181644a.jpeg

いま振り返ってみると もう演奏した音楽は消化されているみたいで

あまり言葉が出てきません。

前半
シベリウス マリンコニア
Sibelius :Malinconia vc & pf
20190513181931ddb.jpeg

幼ない娘を失ったシベリウスの慟哭が聴こえてくるような曲
20190513181951f2f.jpeg

Sibelius :Rondino, Romance & Mazurka vl & pf
シベリウス ロンディーノ、ロマンス、マズルカ
2019051318224065a.jpeg

大家の可愛らしい面を見せるロンディーノ
20190513181836527.jpeg

叙情的かつ大きなロマンス 愛妻アイノのことが頭をよぎる
20190517151145ebe.jpeg

(これはゲネプロ中!ちなみにコンサート時の撮影は中村義政さまによるもの)

Ralf Gothoni:2 pieces from “The Bull and his Herdsman” (2018/world premier) vc & pf
--No.7 Bull Forgotten - Man Remains
--No.9 Return to the Origin, Back to the Source
ラルフ・ゴトーニ 「十牛図」より2つの瞑想曲
世界初演 第七図「忘牛存人」 第九図「返本還源」vc&pf
20190513182756f36.jpeg

(こちら横で見守ってくれたマネージャーMちゃんによる写真)

ラルフに導かれながら 歩む絵図の世界
すべては霧散して そして融合する
気がつけばこの身は静かな喜びに纏われていた

そして
Matti Rautio:Divertimento No.1 vc & pf
ラウティオ ディベルティメント 第1番
20190513182012f08.jpeg
20190513182012f08.jpeg



解放!!
自由!!

生きる喜び!!

後半
A.Dvorak:Piano Trio No.4 Op.90 “Dumky”
20190513182622d55.jpeg

いつものレパートリーなのに
素晴らしいホールと
素晴らしいピアノ
そして聴衆の皆さまの集中力に

心も身体も研ぎ澄まされる

お互いにインスピレーションが湧き出して止まらないのがわかる
止めなくて良いんだ
コントロールなんか要らない

ただひたすら
耳を澄ましあい
分かち合い
与え合い
そしてさらに大きなエネルギーの渦が生まれる
20190513182315640.jpeg

生きている
いま
ここに在る!
20190513182301fc4.jpeg

終わらないで
まだ終わらないで
もうすこしだけ この余韻のなかにいさせて ください

最後の音がホールにたなびいていく瞬間
そんなことがアタマの斜め上あたりをよぎった気がします。
20190513182731d27.jpeg

201905131826368e8.jpeg

ゴトーニ・水谷川のファミリー三重奏

またいつか どこかでお聴きいただけることを心から楽しみにいたしております。
201905131827022ee.jpeg

コンサート会場には作曲家 指揮者 ピアニスト ヴァイオリニスト チェリスト ギタリスト 邦楽などなどなどの音楽仲間、いろんな音楽関係者の方もたくさん。心に染みます。感謝!
2019051318271795b.jpeg

こちら指揮者×指揮者の対話
201905171626424a6.jpeg

いろんな形で応援くださった皆さま
当日お出ましくださった皆さま

ずっと伴走してくれるマネージャーMちゃん
そして知恵袋のマネージャーHさん、Nさん、Kさん、O副社長とS社長

フィンランド大使館
日本シベリウス協会
一般社団法人日本フィンランド友好協会
一般社団法人日本フィンランド文化友好協会
日本・フィンランド新音楽協会
そして株式会社メディプロデュースの久保田 恵里さん
それからEnne倶楽部

皆さまに心からの感謝を申し上げるとともに
その感謝を糧にもっと先に前進したいと思います。

ありがとうございました!!
201905171637588fe.jpeg
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa