FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

岐阜城にむかってベートーヴェン

ベルリンのコンサート「その2」の前にこちらを〜

一昨日は岐阜の三甲美術館にてピアノの山本貴志さんとコンサート、ご機嫌なほどの快晴でした。

折しも東京では雪が舞ったそうですが、こちらは春みたいな空で新年のお祝いの気持ちにぴったり。

20200119150056890.jpeg

(山本さんのお顔にも太陽スポットが!)

ここの美術館にはなんと2013年から毎年5月に伺っておりまして、New Yearコンサートも去年に続いて2回目の開催となりました。

嬉しいご縁ですが、何度来ても未だ金華山に登れていない山本さんと私、、

長良川のほとりから岐阜城を憧れの眼差しで見上げるばかり。ああ、信長くんもあそこにいたのね。

「麒麟が🦒くる」には映らないかな。
2020011915063916b.jpeg

さてと、この日は新年と生誕を祝ってベートーヴェンの「ユダスマカベウス」の主題によるバリエーションとチェロ・ソナタの第3番を軸にしたプログラム。

初期の楽しい作品と傑作の森時代のソナタの迸るエネルギー!!弾いていて元気になります。

ああ、やっぱりベートーヴェンは良いなあ。
生きてるって有難いなあ。

特にこれらの曲は「迷いなし!」という感じでアタマも心もスッキリ。

山本さんとベートーヴェンによるチェロとピアノのための全作品コンサート(ソナタ5曲とバリエーション3曲)をしたのは2012年、、、

あれ?そんな前だっけ。
自分たちのベートーヴェンもどんどん変わっていくはずです。
20200120144525042.jpeg

それでも追いつけない
ルードヴィッヒと永遠の鬼ごっこ

それが良いのです。
作曲家が作品を書いた歳はどんどん越えていくのにね。作品もどんどん進むのです。ふふふ

進むといえばこちらの会場もピアノがビンテージのニューヨーク・スタインウェイに変わりましたし、今回は音響のための衝立もできて、チェロの響きもかなり変わりました!

美術館としても藤田嗣治の新たな作品が増えたそうで、まるで皆が一緒に進化しているみたいで、なんだか嬉しい。
20200120145026848.jpeg

ということで次回は5月16日にベートーヴェンの「魔笛」の主題によるバリエーション(多分パパゲーノの方かな)とチェロソナタ第5番を軸にしたプログラムを演奏いたします。
20200120150747116.jpeg

毎回ほぼ皆勤賞で聴いてくださるWさんとそのお友だちと「もう岐阜の人みたい」ですって〜

美濃の民草の香りがするかな?

おまけ↓
20200120150948800.jpeg

毎回、美術館の館長さまのコレクション(お酒)から振る舞っていただくのですが、、、こんなものを自分で開けて良いのだろうか?!写真はやっぱりニヤけていました。

おまけ その2↓
20200120151323865.jpeg

帰りの名古屋駅で山本さんとマネージャーのNちゃんとラーメン🍜!!憧れのラーメンにありつきました!!!

思い起こせば前回ラーメンを食べたのは去年の6月にロンドンにて、あれは豚骨味だったのう。

ここは北海道系のお店でしたが、ガツガツと具をバターコーンまで「全部乗せ」した私を微笑みながら見守ってくれたお二人に感謝、また5月もよろしくお願いいたします!

皆さまもぜひおいでませ〜
関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/1386-4b411f1d
該当の記事は見つかりませんでした。