FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

チーズケーキとオルガン

imge41fef0223l96k.jpeg
そうそう先日、京都では感動の出合いがあったの、チーズケーキと。
いえ、たかがチーズケーキと侮ってはなりませぬよ。

ある朝、京都の母と呼べるほどお世話になっているA夫人が朝食時におっしゃいました。『優子さん(ゆうこハン、と聞こえる位に柔らかい発音)、ね、チーズケーキってお好き?』「好き好き、大お好き!」と恥も外聞もなく叫んだ私…Aおじ様が自転車で速攻お使いに出され、その午後出合ったのが、このpatisserie KARAN(果樂)の西加茂チーズケーキ!口の中でふうわり溶ける、一口サイズです。チーズケーキというよりは<スフレ>。k1-3.jpg
その場に居合わせた人、皆が無言で頂きました。京都の頑固お菓子屋さんが作ってらっしゃるとのこと、Aおじ様『買う度に絶対に冷蔵庫に入れた(冷やした)状態で食べて下さいと、五月蝿うてかなわん』というニュアンスでしたが、勿論地方発送も無いみたいで、行って買うしか食する方法はない様です。DSCN4701.jpg
と思っていたら、なんと今朝A夫人から『陣中見舞い』として自宅に届きました。で、お裾分け…karan.jpg


…え、全然お裾分けになってない?
失礼致しました。京都にいらしたら是非、ね。(北区船岡東通で神光院の近くです。すぐ角には交番もある様子。)
そうそう、このチーズケーキは小さいのですが、一回に一個以上食べてはならぬ。一日に3個召し上がるなら、その度にお茶を煎れ、ゆっくり味わって下さいませ。
で、今日の午後は練習の合間、優雅にこのチーズケーキを食しながら先日のオルガニスト、関本女史との合わせを思い出していました。28日に霊南坂教会であるパイプオルガンとチェロのコンサートのためです。
アルビノーニの<アダージオ>はこの組み合わせでのハマリ曲。二人の楽器と教会とが、まさに三位一体の響きになります。CDにも入れたフォーレのレクイエムは、弾きながら『ああ、これこれ。この感じ』とオリジナルに戻った喜びが…透明でありながらも芳醇という音はオルガンの特徴か、関本女史の音なのか…この音色と弾くと、慣れている筈の小品も印象が全く変わって、新鮮でしっくり…
ふわりとしたチーズケーキが思い出させた音でした。

関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/157-8f51ccff
該当の記事は見つかりませんでした。