快晴・旅烏!

氷○きよしさんの新曲かと思われるようなタイトル?
今、広島からの帰り。昨日の本番は楽しかったなあ。雨も吹き飛ばしたし!
ドボルジャークのチェロ協奏曲はもっとも難易度の高い大曲で有名ですが、改めて良い曲なのを噛み締めました。
リハーサルの時はまだ本調子でない体をかばい絶不調でしたが、本番は段崖絶壁から飛び込みオーケストラの豊かな音の波の中で泳ぎ、ただただ幸福なだけでした。
演奏中にドボルジャークの故郷への郷愁や初恋の義姉への悼みがぶわあっと私に染ってきたらしく、曲の終りが近付くと寂しくてこのままずっと弾き続けたいと願いました。
とにかく、感謝…
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Mon,  24 2006 10:15
  • Comment: closed
  • Trackback: 0