青葉台東急スクエア撮影inたぬき湖!

雨の図!20060706124747.jpg
そういう訳で泊まりで行って参りました、たぬき湖へ!<←静岡県にある田貫湖>
どういう訳かというと20060706124802.jpg
こんなで…20060706124821.jpg
こんなで20060706124848.jpg
こんな訳です。20060706124905.jpg
って全然わからないですね。
実は青葉台東急スクエアの<2006年秋の顔>に選んで頂きまして、その撮影状況なのです。
こちらの会社は2003年以来、春夏秋冬のキャンペーンモデルとしてクラシックの演奏家を使っていらっしゃり、初代の千住真理子さんから、今までにギターの村治佳織さんや、フルートの高木綾子さん、バイオリンの川久保賜紀さんなどなど素敵な方々がモデルをつとめられ、男性もチェロの古川さんやギターの大萩さん、それからオーボエの古部さんが私の前である2006年の夏の顔、とそれぞれ雰囲気がある方を選んでらっしゃる様です。素晴らしい響きで有名な<フィリアホール>が、実はこのスクエアビルの中にあって、キャンペーン期間にはここでの演奏会も企画されています。
、何故に私がここに混ざる事になったかと言うと、それは8月21日発売予定の私の2枚目CDにも関わってくるのです…
ま、それはさて置き、8月17日~10月半ば過ぎまで青葉台東急スクエアのポスターが東急全線の吊り広告にちらほらしておりますので御覧下さいまし。青葉台駅と東急スクエアのビル内では17日からポスターだらけになる模様。20060706124924.jpg
で、雨は続くのであった。
20060706124942.jpg
うーん20060706124959.jpg
うーん20060706125018.jpg
ううーん、スタッフの皆様がたと空に念力を送る。
実は前日には雨に降られず、既に3カット撮って頂く事が出来ていたのです。が、最後の一点は暗くなってきた事もあり、湖がなにやら怪しい気配になって来て…ポラロイドを見せて頂いたら、私の背後からセイレーンが出て来そうでした。どちらかといえば人魚姫よりも、半魚人が出そうな感じ。スタイリストの竹内お姉様は『金の斧と銀の斧とどっちがいい~』とおっしゃっていましたが…本当、ちょっと恐い写真になっていたかも…
20060706125056.jpg
で、その隙、私の立ち位置にてポーズをとるオジさん登場。こういう時って私は可笑しくてたまらなくなります。これは<ウォーリー君を探せ>みたいに『この中で仲間ではない人が一人イマス。さて、どの人でしょう?』というゲームにしたかったのにな、これではみえみえです。20060706125155.jpg
で、雨も酷くなってるし風も吹き込んで撮影に入れないので、オジさんに話しかけてみました。釣り人のオジさん曰く『雨だって釣れるよお。魚は雨でも関係ないもん。』…そうか、そりゃそうだ。
20060706125245.jpg
霧が出て来ましたが、雨はマシに…皆で気を取り直して、新しい角度で再挑戦!20060706125219.jpg
ワタクシ、知人、友人の中では有名ですが、写真苦手…極度の写真コンプレックスがあります。でも、今回は皆々様のプロとしての仕事ぶりに「私は女優やモデルではないけれど、今はプロに徹っし、甘えや羞恥心を捨てて写真を撮って頂こう』と思いました。カメラマンの良寛さん(新潟出身なのです)にお任せ、と初めてカメラの前で<まな板上の鮒>くらいの気持ちにはなったかな。20060706125300.jpg
あー、さっきのオジさんのお仲間が桟橋にてミニテントの中から釣り竿を出して頑張っているのが見えますね。釣れたかな。
tanu000.jpg
で、なんとか無事に撮影終了!今回の着替えとメーク場所でもあったロケバスの中で、ひとまず女性軍だけお菓子で打ち上げ!ちょっと写真がボケてしまいましたが、左からハッピーターンを掲げるスクエアの華である長尾さん、右は可愛いメークの房図ちゃん、その後ろが素晴らしいスタイリストの竹内お姉さま<撮影に使ったものは、私が『買い取りたいっ!』と叫んだものばかり…セブンのジーンズ、至急手に入れます!)その横でカントリーマームを抱えているのが東急エージェンシー<麗しのマダム佐藤>、そして私の妹分のマネージャーN嬢です。
20060706125318.jpg
そしてこの方が今回の仕掛人、青葉台東急スクエアの<爽やか村上>さん!

他にもスタッフの男性が沢山いらして、Victorの野島さんも入った全員写真もあったのですが、私のデジカメでないので今日はアップできずに残念です。
東急のポスターと二枚目のCDは時期的にも内容的にも連動します。双方の出来上がりが本当に楽しみ。
ともあれ、皆様の素晴らしいチームワークに乾杯!!

関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Sun,  02 2006 22:01
  • Comment: closed
  • Trackback: 0