FC2ブログ

円覚寺・写真の一部とその説明+α

一気に秋深まり、我が家の猫達は冬毛でぽんぽこぽん、冬眠準備のためか食べる食べる+睡眠時間平均半日以上。幸せそうにホットカーペットの上で太った毬みたいになってる三匹に「キミタチ、外猫=ソトネコ(野良の意)だったらこうはいかないんだゼ…」と話しかけても反応無し。
昨日の夕方はこのところ急に調子が悪くなっていたコチビチ(約15歳。ピーク時9キロ、只今7キロ。猫ドアを付けようとコチビチのために買った<小型犬用ドア>にウェストがハマって取れなくなるという事件を起こしたことがある)を連れて駆け込み医者しました。最近食べる行為が辛そうだったコチビチ…とうとう大好物のミルクしか口にしなくなったので「すわっ!!」とタクシー呼んで、掛り付けM先生の診療台に直行。車大嫌いのコチビチは気絶状態で診察され、口を開けた途端に『あっっこりゃ酷い!!抜きましょ。サンッハイっ』とぐらぐらになっていた歯を一気に2本抜かれました。その間、一本の歯につき一瞬づつ『ミッ!』と述べたのみ。おおえらい。で、夜は私が出掛けている間に復活し『猫缶一個じゃ足らん!もっと喰わせろ』と母に威張ったそうです。ふう


というわけで円覚寺の写真が少しづつ集まって来たのでアップ。皆様ありがとうございます!20061115140231.jpg
今回のゲスト、王さん!来年は来日20周年だそうです。日本の大学で学ばれた王さんですが、こんなに美しく日本語使いこなせる日本人は今時、希有!日本史や伝統芸能の造詣も深いし…会話で2分に1回は諺か四字熟語でて来るし…あ、でも嫌味のない自然な方です。出来てひけらかす人だったら、絶対にオトモダチにならぬ。
20061115135631.jpg
リハ中。いやあ、もう本気本気!お客さまが早めにいらっしゃろうとなんだろうと一刻を争う気迫勝負のリハでした。ははは 
Enne倶楽部幹事のIさんが生けて下さった紅葉、美しいですね。あとからでて来る私のドレスとぴったり同じ。素晴らしい!彼も私が認める<美しい日本語を話せる数少ない若い男性>のうちの一人です。
20061115140019.jpg
語る
20061115140003.jpg
語ってます。
20061115140209.jpg
これはEnne倶楽部記録用にフラッシュ無しで撮っていただいていたもの。皆様には演奏中の写真撮影を控えて戴いたので(だから喋っているところしか写真がないのですヨ)
20061115140118.jpg
で、終了後に鎌倉ケーブルテレビの一言インタヴューを済ませて写真をパチリ。それを又パチリとしてくれたT嬢。
ちなみにこのコンサートの様子やインタヴューの模様は鎌倉ケーブルでは16日(木曜日)17時に鎌倉7daysにて<鎌倉芸術祭総集編>で放映されますが、16日の19時から翌週水曜日まで下記アドレスにてネット配信で御覧になれます!http://www.kamakuratv.com/index.html
今日になっても『実は切符を買っていたのに風邪をひいて』や『大雨で泣く泣くやめた』や『えーもう終わってしまったの??』だのという御声が耳に入って来ます。もうパンク寸前だったので、あそこ(約320)で収まって良かったなあ、と胸を撫で下ろした次第。
ーどんなきっかけでこのコンサートにお集まり下さったかーそれはもう人それぞれですが、あの場にいらした方は<仏縁>の存在を感じられた筈。
一期一会

という訳でT嬢、今回は写真大苦手の私に果敢にチャレンジ。撮ってくださった中で一番のお気に入りはこれだそうです。ありがとう!ちなみにこれEnne倶楽部幹事のI&T嬢がタイで必死に探して下さった極上シルクのお土産、それを倶楽部会員でデザイナーのS女史に仕立てていただきました!!もう一つ言うとネックレスのチャームも水晶デザイナーでやはり会員のE子嬢の作品。(合わせたイタリアの石付きサンダルを写真でご披露出来ず、ちと残念)
20061115135618.jpg

今回のコンサートは倶楽部主催で幹事のグラフィックデザイナーのIちゃんの素晴らしいチラシから始まって、お寺様との綿密な話し合い、レンタルなどの様々な手配から当日の係まで…皆様が力を合わせ可能にしてくださった作品でした。
円覚寺の方丈という仏様がいらっしゃる場所、今杉和尚様のお話から始まって、いらした方は皆様ホールとは又違う雰囲気の中での時をお味わいになったことでしょう。最後の石渡鎌倉市長のお話を襖のあちら側で伺いながら、しみじみ「私がこの古都から戴く物は計り知れないな…」と思いました。
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa