走る女…とチェロ

いやいや疾走致しました。こんなに真剣に走ったのは初めて。牛若かイチローかという身のこなし、スピードは完全に清水(スケート)を越えてました。チェロを背負い、スーツケースをひっ下げ京都駅を駆け抜ける…その姿は機関車ヤエモンでした…
エスカレーターを駆け上がる中轟いた新幹線・発車ベルに、私の意識は完全に切れ、気が付いたら飛び乗っていました。
誰も見ていなかった事にしよう。
春眠暁ヲオボヘズ…昨日から、ときおり意識不明に陥りそうな程の強い睡魔に襲われます。
成長期を思い出させる典型的な春の体調に、中身も脱皮して進化しそうな気配…身長まで伸びそうです。

関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Mon,  18 2005 16:48
  • Comment: closed
  • Trackback: 0