旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2007-04-16 Mon 10:02
SCET(スーパーチェロアンサンブルトーキョー)2007
昨日の三鷹芸術文化センター「風のホール」であったスーパーチェロも無事に楽しく終了!おかげ様で今回も一週間前に売り切れ、当日は補助席を出しての満員御礼でした。この日は新宿駅が工事のためお昼まで湘南新宿ラインは無いわ、中央線は各駅だわの大騒ぎ、挙げ句の果てに開演一時間ほど前には四ッ谷駅で人身事故まであったという事で、遅れていらしたお客様を想定してコンサートも5分押しで始まる、まさに波瀾万丈の幕開けだったのです。(大袈裟?)
みなさま、その様な中をいらして下さって有難うございます。
前半はバーンシュタインの名作「ウェストサイド・ストーリー」の<Tonight>で始まり、カザルス、ヴィラ=ロボスの5番と続きました。ソプラノの菅英三子さんのふくよかな美声にうっとり!アンコールのピエ・イエスも素晴らしかった。
そして後半はソッリマからスタート、丸山+渡辺コンビのソロはもう三度目くらいに聴きますが(ソロ2人、オーケストラ部分6人の曲)毎回聞き惚れます!これはやっぱり男性二人に弾いていただきたい曲。格好良い!!
で、毎回丸山さんは本番前日に『前半はクラシックに男性はダークスーツ、女性はドレス。で、後半はねえ…』で、皆が身を乗り出すと『ラテンでお願いします。今回は』との事。これで毎回女性軍は悩むのです。ラテンと一口に言っても色々ありますよね。以前に『後半はビーチに行くつもりで』と言われ本番は舞台の上でアロハシャツの人やら半パンツの人やらゴム草履まで…で見た目には収拾がつかなくなった事もありますし(女性チームはリゾート風エレガンス)、また新作初演があった時『それぞれ自分自身のキャラクターを意識しながらカジュアルに』との御達しで私の尊敬するWさまが70年代のヒッピースタイルで登場、お似合いで会場も沸いたものでした.
でも今回はリーダー丸山さんから<ヒッピー&裸足禁止令>が出たし、前回のアンケートに「Yさんの靴下がずり落ちていて演奏に集中出来なかった」とか「靴下で夢をこわさないで」などと3人もの方がアンケートに書かれたそうで(厳しいですね、今回Y氏は靴下の下に黒のタイツをお召しでしたよ。いえ、本当です!)、そんなこともあり『絶対、男性は今回地味であろう』と我々は綿密に相談してこんな感じに!↓IMG_0912super3.jpg
あんまりポンチな格好で二曲目のブラームスの美しい<インテルメッツォ>を弾きたくないし…で悩みました。全身はこんなIMG_0911super3.jpg
やれやれ!
今回も前半の写真取り忘れてしまいました。大体、皆との写真がなーい!!でサイン会中。手前がリーダー丸山さん。IMG_0915super1.jpg
本当バイオリンの子がいつも羨ましがっています。『チェロの人は世界中何処に行っても直ぐに仲間で集まる。仲が良いからアンサンブルをしようと誰かが言い出して、それがコンサートやチェロ会議になるんだね。』とIMG_0914super2.jpg
チェロ弾きの人は本当にチェロが好きなのですよ。「ああ、チェロっていい楽器だなあ」と演奏中しみじみと音の渦の中で思ったもの。

関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |