帯広報告

というわけで昨日の最終便で羽田に戻って参りました。
帯広空港のお土産(食べ物)が結構充実していたけれど、もう既に町中でチーズや生ハム、六花亭本店などで仕入れたあとだったので心は動かず…でも<懐かしのチョコボール>夕張メロン味だけは「なんちゃって土産」として購入しました。前の晩に『夕張メロンが市場に復活、高額で大丸に競り落とされた』という御目出度いニュースで町は持ち切りだったから。不死鳥の様に灰から甦るー幸福を呼ぶ夕張メロン味ーです。

で、これが初日の写真。空港から町に行く途中です。
IMG_0991obihi004.jpg

『北海道は冬が長いけれど、春は一気に来るんです』とはお迎えにいらして下さったS先生。
IMG_0992obihi003.jpg
チューリップが咲き乱れる横で桜がひっそりと花を開いている。遠くから見かけて、蝦夷桜だと教えて戴いたのは印象が違う感じだったなあ。ふっくらとして、花の色が濃くて、葉が多くて…もっと野性味がある。
IMG_0993pbihi005.jpg
ここは年間を通して2000種類もの花が姿を現すという庭園。歩いていたら、丁度オーナーらしいお婆さまがデレビのカメラに説明していらっしゃるのが耳に入ってきました。『一番先に花が開くのはこのチューリップ。次がこれ、これは三日しか開かないのよ、今年この子の色は…』うーむ全ての花の親なのですね。
私はせいぜいネロオの母か。。。
IMG_0979obihi001.jpg
日高山脈を背に…!八千代牧場です。S先生とマーク。マークに言わせれば北海道=フィンランド。故郷のシンボル・白樺だらけだし、空の高さもそっくり。山さえ無ければ双子だそう。カラッと乾燥していて、清々しい。この日の帯広は22℃!!

IMG_0983obihi002.jpg
牧場と言えばこれ、ソフトクリームに限るでしょう!!幸せ。生クリームの味がします。3歳児みたいな顔で…お恥ずかしい。。。

は!!いや、お仕事でした。とお昼を有名なジンギスカンのお店「白樺」でとって早速練習。

翌日の昨日は少年院に。
IMG_1018obihi1.jpg
体育館で我々を迎えてくれたのは少年達の手作りポスター
IMG_1016obihi3.jpg

IMG_1017obihi2.jpg
サザエさんの家族の団らんにカザルスの姿が!!!巧い!!
IMG_1015obihi4.jpg
うーむ、似てる…じーっと見入ってしまいました。

正直を申し上げたら、この訪問コンサートは、特に少年院の訪問コンサートは私にとって最も大切なライフワーク。矯正施設にいる少年、少女達との交流は私にとってあまりにもインティームなので言葉に出来ない事が多かったのですが。今回はお裾分け。

先ずは私が音楽と言葉を通して、子供達に素顔で心を開く。それから交流が始まります。
時と空間、そして流れるものを共有する。お互いに笑い合い、私を含めたそれぞれが自分の胸に尋ね、思い出し、そして想像する。

今回は90分間、子供達との応答の中で私たちは、又しても何物にも代え難いエネルギーを戴きました。
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Thu,  17 2007 21:58
  • Comment: closed
  • Trackback: 0