旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2007-10-24 Wed 23:58
博多・夢の水炊き、そして仲間の和
20071021211105.jpg
じゃーん!
これが先日食した、加藤大魔神ご推薦の「福岡=水炊きに決まってるでしょ」鍋です。
一言で感想を述べるなら「美味っ!」であった。
本番前夜で気合いが入った我々…数々の前菜に一々「おおっ」とか「あら美味しっ」とかカシマシかったのですが(誰?わたし?)、水炊き鍋さまご登場にシーンと静まり、仲居役お姉さんの手つきに見とれてるうちに「ハイっ」と目の前におかれたのは湯呑み茶碗に似た器。なかには乳白色の液体が…
これが水炊きの悦でした。鳥の出汁が、旨味が凝縮されたスープ!

20071021192744.jpg
特に2杯目の濃厚なこと…気が付いたら皆さん頬はプリプリ、なんと男性軍も下唇が二倍に…活コラーゲン現象でした。
翌日も食べた人はピカピカツルツル、舞台袖の闇の中でもプリプリ度がわかるくらい。

20071021190054.jpg
鈴木りんこ姉さま、もともとピカピカなのにコラーゲンで後光が!


20071021222424.jpg
満足した皆様!
このお店から毎年「取り寄せ」をしてらっしゃる大魔神お薦めの店なのでした。

20071021231129.jpg
食べ過ぎた我々、お散歩しながら何故か皆さん屋台のラーメンを求めてさまよい歩きます。
だってホテルにチェックインしたとき「博多ラーメン券」がついてたんだもん。好奇心は沸々、でももう一筋も入らない…
しかし、日曜日ということで目指したところに屋台の姿は見えず、神さまは私の胃をお守りくださったのです。
めげずに中洲方面に歩いた私たち、川沿いの有名な屋台一角を発見。流石に誰も食べようとは言い出さずに呼び込みの人をかわし、バーによって就寝へ。


20071022160650.jpg
で翌日の本番後!演奏は皆さんノっていて最高に楽しかった。
なにしろ東京、大阪と続いて三回目なのです。
りんこさんと私のドレスがこの様な色合いなのには訳があり…ヒントは大魔神の頭の上に!。


20071022192659.jpg
タオルの模様をよーくご覧下さいまし。
そう、今回はドイツの有名なフェイラー社の映像と音楽を融合させたイベントだったのです。
面白い発見もあったし、なにしろ関わった方、みーんな大好き!
良い出会いばかりでした。


20071022180256.jpg
…で水炊きの翌日、打ち上げは豚しゃぶだったのでした…
左が魔神、右が北村王子、奥は司会の宮下さん!
バンドネオン、バイオリン、ピアノにチェロ、みなさまとこの四重奏また一緒に弾きたい。また目標が一つ増えました。
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |