FC2ブログ

屋根よーり高ーい


ちーまーき食べ食べ…子供の日でございます。という事で新幹線の中も子供だらけ…はしゃぐ御子様を連れ、御自身がもっとはしゃいでいらっしゃる若いお父上方や孫疲れでげっそり…のおばあさまのお姿が目につきます。お母様は淡々とした方が多いな。
今日は昨日に続き晴天で良かった。せっかくの祝日ですものね。姉の所の息子=私の甥も今頃スイスの片隅で鯉登りを掲げている事でしょう。
さて名古屋から混んだのは、やはり万博効果。皆、何見てきたのかなー?
一番人気は何と言ってもマンモスであろう。流行っている所には足が向かないという天の邪鬼な私が、もし愛知万博に行くとしたら理由はただ1つ。
それはイタリア館にある古代ギリシャのブロンズ像「踊るサテュロス』に逢ってみたいから、です。1998年にイタリア・シチリア島の沖で偶然に漁船の網に引っ掛かったらしいです。(その前年には脛の部分が…!)なにしろ紀元前300年という者。本当に『国の宝』らしく、今までどの国のどの博物館(メトロポリタンの様な!)にも貸す事を許さなかったイタリア政府が今回、万博の為に初めて国外に出した、という話しをイタリアの友人から聞きました。その友人は現地でブロンズ像に対面した瞬間『理由無く涙した』したほど心を打たれたそうです。確かに写真で見ても躍動的なその姿、当時の物にしては(私はこの方面、詳しくありませんが)珍しいのではないかしら?
そんな昔の人の作品だなんて、一体どんな心で創ったのでしょうか。ああ見てみたいな。

関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa