FC2ブログ

凄腕たち、近い再会を願う!

お陰さまで20080228.jpg
3日間のリハーサルと2回の本番、スーパーチェロアンサンブルトウキョウの濃い5日間も昨日の川口リリアホールの公演をもって無事に終了致しました。
SCET_A4pipipjpg.jpg
↑新作CDのジャケットにもなっている写真、大評判です。

沢山のお客様にいらして戴いて熱のこもった会場となり、皆で気持ちよく弾かせて頂きました。ありがとうございます。

リリアホールは残響音がまろやかで弾き易かったのですが、前日の仙台青年文化センターと性格が随分と違い少し戸惑いました。ほとんど正反対の性質を持つといって良い2つのホール、舞台上でもお互いの聞こえ方がまるっきり違うのです。とにかくリハーサルの間は皆で必死に一番良い響きを探すのに終始しました。

こういう時はそれまでのリハーサルや、前日の本番の手応えも捨てることで新たに進むしかありませんが、それがソロと違ってアンサンブルは、しかも横並びの12人だとなかなか難しく、怖いのです。
チェロはバイオリンよりも弾くスペースがいるから端と端などは<離れ小島>状態。
聞こえてくる音には時差があるので、目と体全体をアンテナに…後は本番においてのお互いの<信頼>のみかな?
でもコンサート中は皆それぞれが全力を尽くし、アンコールのピアソラ2連作までテンション高く、楽しく音楽に浸かったと思います。

それにしても丸山リーダーの精神力にはつくづく…彼の鋼の精神力が音を出させているのだなと、もう<尊敬>の一言!
そして妻のSちゃんにも座布団3枚!自身も忙しいビオラ奏者なのに、毎回ご主人を献身的に支える姿に涙が出ます。(会うたびに自分を省みて…)お世話になりました!

↓は前日の仙台打ち上げの図。リーダーおススメのお店、青葉区中央の<ねぎぼうず>にて。さすが地元出身者のご推薦だけあって、どれもこれも本当に美味で。。。
20080227225944.jpg
お鍋の湯気なのか皆の熱気なのか、わかりませんが、なにしろ新鮮なお魚、お刺身から焼き物から、お鍋から…
そういえばスイス在住の姉に『あなたのブログは見ても見ても食べ物の写真ばかり…』とクレームを頂戴したのですが、今日は日本の美味しさに感動したのだもの。。。姉よ、ここからは目を覆ってください。
20080227225552.jpg
↑こちら左は作曲家の西澤健一さん、素晴らしい新作の初演をさせて戴いたのは今回の喜びの一つでありました。しなやかで鋭敏な感性、そして周りに媚ない芯の強さを併せ持つ才能の持ち主、見かけは俳優系?です。素敵な奥さまとのピアノ・デュオで披露する演奏家としての腕も天才的という噂。

そして彼が焼いているのは昆布の上の太った牡蠣たち!
その後ろはヤケに真剣な表情の石川祐支さん。及川浩治さんと石田泰尚さんとのピアノトリオBeeの公演で、先日リリスホールではニアミスしたばかり。札響の首席を務める彼、先日の爆弾低気圧では飛行機が飛ばず帰ってみれば家は雪に埋もれ入れず(!)、でホテルに一泊したそうです。
この昆布はあとからパリッと焼かれて登場。潮の香りが!
20080227231018.jpg
そして太った穴子を焼き…
20080227230227.jpg
皆さんが持っているのは、さきほどのお刺身の骨。カリカリに炙ってくださったものを香ばしくポリポリ。右側の海野幹雄さんは、聴衆にも品の良いお育ちがバレてしまう<お坊ちゃま空気>に成田の管制塔を超えるレーダーを持ち合わせているチェリスト。アンサンブルのご意見番と密かに呼んでいます。
20080227231703.jpg
今回は女性メンバーが三分の一!
左から今回の最年少である灘尾彩ちゃんはまだ25歳ですが、舞台でも堂々と伸びやかな音で頼もしく、素顔も性格も本当に可愛い。彼女が数日前から買い出したブログをリンク致しましたのでご覧下さい。真ん中は荒庸子ちゃん。4ヶ月の愛くるしい赤ちゃんを置いての初旅行が急に二泊になって大変だったと思いますが、彼女はいつも通りの柔らかーい笑顔。ママは神々しいと痛感いたしました。右が三森未来子ちゃん。その優しくて暖かいキャラクターは頼りがいあるグループの<姉貴>的存在。私もついつい色々と助けを求めてしまいます。+私で女性の楽屋はいつも和気藹々、楽しい4人組だったのでした。20080228194832.jpg


20080227232339.jpg
海のフルーツー海鞘、爽やかでした。(結構食べられない人が多いのを発見)20080227235506.jpg
締めのお蕎麦、その前に見事なお雑炊が出たし…と一瞬躊躇したものの、その食感の気持ちよさにあっという間に戴いてしまいました。
白子や鱧や…他にも美味しいお料理が沢山出たし、面白い凄腕メンバーももっといるのですが、写真を撮り損ねました…20080228014359.jpg
私のベレー帽で絵描き化してるのは林裕さん、チェロもお人柄も独特の良い味!(注:右は丸山リーダー)それから石豊久さん&上森祥平さんという漫画の登場人物みたいな凸凹同級生2人、そのさり気ない一言が常に爆笑を呼ぶ山本裕康さんは音楽家の才能とリンクして小説家としての才もあるし(で、山さんのブログも早速リンクに追加致しました)、そして渡邊辰紀さん!超絶技巧を自然体で簡単そうにお弾きになる辰紀さんの音色は艶やかでうっとり…いつも惚れ惚れしております。なにせ、我が母も彼が高校生の頃からのファンでありますから。

では凄腕の皆さん、5日間ありがとうございました。暫しのお別れですが、また次回に会えるのを楽しみにしています!

私も気持ちを切り替えて、3月8日の加藤昌則さんとの県民ホールのコンサートに向かいます。来週の月、火曜日は新潟だし…(雪かしら)

時間は飛ぶようになくなっていきますものね!
関連記事
yuko miyagawa
Posted byyuko miyagawa