ー和み絵ー

 うう…

原稿の締め切り寸前に、新しいコンピューターが一揆を起こし。。。相次ぐ災害に。。。テロも勃発。。。

 一時は手書きにしようかと思ったくらい焦ったものの、私の「書きなぐり文」は本人でも解読出来ないので却下。。。

     3000文字原稿を、締め切り1日遅れで昨晩なんとか提出いたしました。
         …関係者の皆さま、ごめんなさい…

 オーバーヒート状態でフル回転を始めた可哀想なMacくんは、まだ生後数ヶ月…ストライキの原因は酷使し過ぎ?

  いえ、どうやら原因は私の<オニのようなせっかち>らしいのです。

 幾つかのプログラムを同時進行して使いますが、何せ江戸っ子鉄火肌の<せっかち>なもので一寸でも滞ると。。。
 『軟弱者っ!』『女王の命令は絶対である!』という恐怖政治に、コンピューター族は愛想を尽かした模様。


以前「キーボードの叩き方が強すぎる」とプロに指摘された事もあるし(ピアニストはもっと酷いらしい。ふふ…)少し反省…

  これからは大らかな人間になろうっと。(Macには)


        さて、話一転!
20080429192200.jpg

そんなドタバタの渦中に、新しく我が家の一員となったコ(上の絵、版画)です。

 フランスの作家christine chagnouxの60年代(たぶん)の作品です。動物たちが集まって誕生日を祝う…なんとも言えない柔らかい色合いに心惹かれ、数年前から横目で見ていました。基本的にあまり物欲の無いワタクシ(?物によるかも?)ですが、この絵は「いつか御縁がありそうな…」と感じていたもの。

 絵本作家としても人気の彼女は心優しい人なのでしょうね、見ていると<ほんわり>とした気持ちになってきます。
 まだ額縁が譲って頂いた時の仮のままなので、そのうち良い額縁を作ってあげましょうね。

 ただいまの<和みちゃん>
◎ この絵
◎「廊下の涼しい場所で人が通りがかるともれなく呼びかけるnerooくん」
◎マリアージュフレールのティージャムと紅茶のマルコポーロ(去年の今頃は頂き物のサクラティー1色でした)
 マリアージュフレール=MFといえば、その昔の留学生時代(その頃MFは日本上陸していたものの知名度は低かった)にパリの友人に本店に連れていって貰い、アンティーク仕様の丸みを帯びた姿のティーセットに一目惚れ!
 その時に清水の舞台からバンジージャンプして手に入れたセットは現在もベルリンで愛用中。
ちんまりと大人しく、アラビアやイッタラのフィンランド生まれの素朴な食器たちの間に収まっています。朝や夜はマグ、午後はやはり優雅にティーカップでしょう。
 
   !!多少の使い勝手が悪くとも、愛さえあれば!!-人間もしかりー

というわけで、どうぞ皆さまもGW中にゆっくり心のメンテナンスとお体の休息を。。。

 
  さて 情報:「ぶらあぼ」5月号の193ページ
<今月の注目公演>コーナーに31日の記事が載っております。


気がついたら5月…りゅーとぴあ&紀尾井が音をたててやって来る!!!
image1.gif
↓拍手に感謝。。。
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Fri,  02 2008 12:02
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

チェロ 絵本 お茶