遥かなるカサヌヒの調べ…

20080606002027
ただいま中村典子さんの作品展「まことの春」が終了!!

楽しーい打ち上げも終了し、いまタクシーで帰宅中。

写真の私たち、若林暢さんとマークは「サクラ」というバイオリン二重奏を、それに私が入ってマークがビオラに持ちかえ、3人でカサヌヒという弦楽三重奏を弾かせて戴いたのでした。

カサヌヒとは昔からある地名で最古のものは奈良、次に古い場所が中村さんのご出身である滋賀にあるのです。

そこに伝承されている音律もところどころに使われた楽しい曲でした。

この写真の石を使って私は雀や蛙の鳴き声をマスター、暢さんは猫、マークは蜩(ヒグラシ)と今回はみんな色々な技術を習得したのでした。

本番は本当に弾いていて楽しかった。(リハーサルは鬼のように大変…)

また再演しませう!

さて、みんなに別れを告げて明日は兵庫県上郡でロトさんとマークとベートーヴェンのコンサート!!

ではまた明日!
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Thu,  05 2008 23:55
  • Comment: closed
  • Trackback: 0