シェスタ抜きの南国→トナカイさんの森へ

ふっっっっっっっっっっ復活っ!!!!

      先ほど、やっとMacBookが復活致しました。

昨日バルセロナからベルリンへ戻って、Mac専門家の診療所へ直行!!
そして可愛いMacBook君は先ほど黄泉の国から戻って参りました。
本当に突然気絶したMacBook君ですが、完治して良かった良かった。

 Macのお医者さま曰く

『中のディスクが詰まって壊れていました
壊れた理由?
特にはありませんよ
こういうことは未然に防げやしませんので、コマメにバックアップしておきましょうね~』

だそうです…


。。。。。。とにかく前回の記事アップから色々とあって、急遽、講習会のレッスンをすることになったり、暑い南国でシェスタ抜きでひた働いておりました。


 ーあまり英語が出来ない(そして私はスペイン語とカタロニア語が全然出来ない。。。)
でも非常に音楽的なカタロニアの女の子を教えるの図ーIMG_4123カタロニア
人差し指で魔法にかけている?!
IMG_4124カタロニア
 これは生徒の弾き真似をしているところでありましょう。


 押し強くイタリア語も使ってみましたが、最後は殆どボディランゲージの世界?!

  音楽が世界共通語で良かった。。。
結局、何語でも教える内容は変わらないわけですものね。



 最終日のみ、午前中ゆっくり出来ました。
IMG_4130カタロニア本当にジリジリと痛いのがスペインの日差し。日本の湿気を含んだ暑さも厳しいですが、真昼の陽の下で10分歩くと夜まで体の中に熱が籠ったまま。。。

ここではシェスタが必要不可欠なわけだ、と。

生っているのは美味しそうなオリーブ。まるで梅のようです。IMG_4136.jpg
 これは天使の彫像が美しいコンサートホール↓IMG_4111カタロニア天井が高ーーい。それに石なので、まるでお風呂場のようにワンワンと響きます。

 欧州内にはこういう響き過ぎるホールが沢山ありますが、そういう時はヴィブラートを最小限に留め、弓もアクセント付け目に発音をはっきりさせます。
(デッド(響かない=響かなさすぎる)なホールで苦労することがある日本とは逆ですね)IMG_4113カタロニア
なので耳が慣れる為にも、ホール練習は大変重要。
さらに、お客様が入ると響きはまた変わるのです。。。
IMG_4116カタロニア
ビオラのヴァンサンとチェロ仲間ラウレンティウと。

下記の写真はカタロニア作曲家J.VILAPRINYO氏の初演本番直後。「リチャードのための16弦のメモリアル」という去年急逝なさったチェリストに捧げた、3本のチェロと1本のコントラバス(合わせて16弦)という編成で書かれた美しい作品でした。

左からラウレンティウ、コントラバスのアンドリュー、チェロのリト氏と。
IMG_4119yuko.jpg


さてさて今回の音楽祭の目玉であったメンデルスゾーンの弦楽八重奏ですが、リハーサル中に突如、8人の奏者が全員違う国籍なのに気付きました。

<バイオリン>
フィンランド人のマーク
ドイツ人のアネッテ
イギリス人のマギー
アメリカ人のティム
<ビオラ>
オランダ人のエミールおじさん
フランス人のヴァンサン
チェロ
ルーマニア人のラウレンティウ
日本人のワタクシ

音楽家たちの響宴である音楽祭に好んで弾かれるメンデルスゾーンのオクテット<略してメンオク>ですが、このように見事に8カ国集まるのは珍しい。

で、コンサートは大盛り上がり、生徒に煽られた大人たちも全員立ち上がってのリズム拍手に圧倒されて、最後にもう一度超最速の4楽章をもう一度弾く事に。。。
IMG_4121yuko.jpg
コンサートの熱が覚めやらぬうちにオクテットで写真を撮ろうとしたところ一人足りません。

なので無理矢理にコントラバスのアンドリューにメンバーに入っていただきました。


さて、いなかったイケナイ人は誰でしょう?

IMG_3703.jpgエミールおじさんでした。。。




さ、明日からフィンランド、空港からリハーサルに直行して、月曜日から一週間連続コンサート、音楽の響宴の始まりです!

では、また!!
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Fri,  01 2008 03:20
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

チェロ カタロニア クラシック フィンランド