越後日記その2「冬野菜の優しさ」

越後日記の続きです。。。

見附でホールの皆さん、マネージャーK木氏、そして山本さ(く)んとお別れして、些か寂しくなりかけた所を、新潟各所から聴きに来てくださった友人たちが待っている岩室温泉の旅館に向かって雪の中をドライブ。IMG_0647.jpg
 「〆張鶴」で乾杯し海の幸のお膳を囲み、皆で大いに語り合いました。
(日本酒について:最近「越の寒中梅」や「越乃影虎」などを戴きました。どんなお味かワクワク…もちろん八海山や久保田、 越乃寒梅も美味しいけれど、いつぞや戴いた「洗心」なども大変に印象的で…新潟の日本酒って奥が深いなあ)

 そしてー夜は夢にまでみた温泉、朝は憧れの岩盤浴ー

もう血液の循環がよくなり、雪でも「寒くない!」
しかし、ポカポカと日光浴しているかのような暖かさは半日ほど持続し、忽然とどこかに消え去ったのでした…(魔法のようです。いつか、ゆっくり逗留したいものだ)

でも、異様なポカポカ状態が続いたのには、もう一つ理由があるようです。

それは新潟の冬野菜!

コンサートの翌日、三条の友人たちに御案内戴いたのは三条市内にある「たんたん」という料亭。
IMG_0669.jpg
ご覧下さい、この自由な空間!

心ものびのびします。

いわゆる創作料理で、美味しい季節のお野菜や海の幸をたっぷり頂きました。
IMG_0670.jpg
 と…美味しくて目にも楽しく美しいお料理の数々をご紹介しようと思いましたが、今は時間切れ!!

続きは、また書かせて頂きます。。。

 明日はAQT(アクア・トリニティ)の浜松公演。(<完売御礼>だそうで有難うございます)
既にリハーサル三昧で、今日も今からいかなくては!

 雨の日にチェロ付きで出掛けるのは楽器が湿気てしまって悲しい。。。(今晩は練習後に新進チェリスト新倉瞳ちゃんのコンサートに伺います。楽しみ!雨に負けず、頑張って!!)
    IMG_0699.jpg
そういえば今朝は成田空港の山本貴志さ(く)んからメールが届きました。
彼は今から欧州へ、行き先が偶然にも姉家族が住むルガノだということなので「お役に立てるかも!」と姉に託しました。
(音楽に自分を尽くしている山本さ(く)んの姿は清々しくて、心から応援したくなります。これって母の心境?!いや、姉です!)

         あと、ご報告1つ

アルバート・ロト(ピアノ)とマーク・ゴトーニ(ヴァイオリン)の両氏と組んだピアノ三重奏「テオフィルストリオ」が、去年京都で行った公演を評価されて青山音楽財団から「バロックザール賞」を受賞いたしました。授賞式は3月、応援下さった方々に深く感謝申し上げております!
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Fri,  30 2009 13:13
  • Comment: closed
  • Trackback: 0