旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2009-03-13 Fri 23:54
アンジェリケの運んでくるもの
今、家の中は春まっただ中となっております!
20090312160653.jpg一昨日のアウトリーチコンサートで戴いた
3つの花束をバラバラにして…photo_3.jpg写真ではわかりにくいと思いますが、最近のチューリップって沢山種類があるのですね。10代の頃は「アンジェリケ」というピンクと白の八重のものが大好きでしたが、この度はカーネーションみたいにチリチリのフリルなもの↓や百合みたいなチューリップにもお目にかかりました。(チューリップはもともと百合科)
20090312150659.jpg
そんな訳で家にいて常以上の至福を感じております。

 そうそう、実は急遽3/17(紀尾井)と3/23(大阪・いずみホール)に中川牧三先生の一周忌のための追悼 特別記念『グラン・マエストロ・中川牧三に捧ぐ』というコンサートにゲストで参加させて戴く事になりました。中川先生とは河合隼雄先生にご紹介いただいてお目にかかりましたが、実は祖父・近衞秀麿とは大変に長く深~い御縁の間柄でいらしたのです。(中川牧三、河合隼雄対談集「101歳の人生をきく」でも触れていらっしゃいます)

 1930年に祖父と共にシベリア鉄道で欧州に渡られた先生は100歳超えられてもスラリと素敵な本物の紳士でした。初めてお目にかかった時に私の手を取られ涙を浮かべていらしたのは昨日のことのようです。
それが、今は河合先生も中川先生もいらっしゃらないとは…本当に切なく思います。

 でも両先生は色んな御縁を遺して下さいました。それに、お二人の思い出すお顔は少年のような笑顔です。夢を追い、それを実現するのに情熱を傾ける方はいつまでもお若いのだと思いました。

『グラン・マエストロ・中川牧三に捧ぐ』コンサートでも心を込めて弾かせて戴いてきます。


さて大魔神・加藤昌則さんと茅ケ崎でのアウトリーチ、こんな感じでした。
「さて、この楽器何かな~?」
IMG_0911.jpg朝から元気!
先ず午前中「つつじ学園」IMG_0917.jpg「歌のおにいさん化」しています。
IMG_0918.jpg大魔神は子供たちのリクエスト、ド、ファ、ソの音で即興演奏!さすが!!
すると子供達も合唱、びっくりしました。素晴らしい!
IMG_0920_3優しい音、微笑んだ音、怒った音、悲しい音、追いつめられた音、安堵する音、赦された音、解放された音…私の持ってる限りの<音のパレット>からプレゼント。

こちらは午後の福祉総合援助施設「空と海」IMG_0924.jpg三種の異なる施設にいらっしゃる方々が沢山いらして、静かに聴いて下さいました。
ノリの良い最前列のお一人が曲の合間に『お兄さん上手い!』と大きなかけ声を。加藤さんもすかさず『ありがとうございますっ!大人になって褒められて嬉しいですっ!!』IMG_0930.jpgなにしろ始終明るいコンサートでした。
IMG_0931.jpg2人の舞台、3/29日の茅ヶ崎公演もまたまた楽しみです。


 今日は弓の張り替えもして、楽器の調整もばっちり!
今は16日のアフラックのガラコンサートに照準が合っています。フルオーケストラとは久々なので楽しみなのであります。(この前コンチェルトを共演したEUCOは室内オーケストラだったし…)


ちなみに「アンジェリケ」の花言葉:「夢」だそうです。知らなかった。。。
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |