人間と動物たち

あれからボリスは2度ほど散歩に付合ってくれました。(しぶしぶね…)
IMG_1183.jpg
練習後、夜分の公園を歩いていると、同じように犬連れの方々に遭遇。
皆さん、ご近所の方で『あら、ボリス!じゃあ、あなたも音楽家?』と話しかけられたりもします。

昨日はおばあさんとネコと犬という不思議な3人組と散歩しました。
ボリスもネコも顔見知りで全く問題無し。IMG_1199-2
それにしても、夜の一人歩きが安心してできる住宅街は有り難いですね、今時は。
隣の家の天敵ネコに睨まれて凹耳になるボリスではIMG_9403.jpg
全然ボディガードにならないし。。。
IMG_1196-2<闇に浮かぶイースターエッグ>

張りつめた(?)リハの合間のご飯は栄養面も気分転換の意味でも重要です!
昨日は連休の続きで滞在先のラウレンティウ家の子供たちやそのガールフレンズも交えて大勢のBBQでした。
「ケホケホっ!」IMG_1188.jpg

さて、デュッセルドルフでの充実した(音楽キャンプみたいな)生活に別れを告げ、今から飛行場へ。
 今度はスペインです。

続く↓ ところで…我々がベルリンを後にした翌日(10日)に市内では恐ろしい事件があったようですね。

きっと日本でもニュースになったと思いますが、ベルリン動物園で北極熊のフェンスを乗り越えて堀(水槽)に入った32歳の女性が熊に噛まれて重傷を負ったとのこと。。。

ベルリンの動物園といえば開園が1844年という老舗的な存在、最近は北極熊(シロクマ)の「クヌート」が有名ですね。

でもーPolar bear attacks woman at Berlin Zooーベルリン動物園でホッキョクグマが女性を襲うーといった見出しにはギョっとしました。こちらはCNNのヘッドラインですが、熊が歩いていた見物人に襲いかかったわけじゃないんだから!!

後日談として、今後の対応を聞かれたベルリン動物園は『安全対策は万全です!』とこれ以上、塀やフェンスを高くするつもりはない、とキッパリと答えました。

…だって普通は乗り越えないでしょう…

動物園ではアクシデントに備えて麻酔銃の他に殺傷機能の高い銃を用意しているそうで、クマの飼育係も『いざとなったら使う事に躊躇しません。人命第一ですから』とコメントしています。

飛び込んだ女性は精神的に色々と不安定だったようですが、いずれにしても命を落とさずに本当に良かったですね。(小さいお子さんがあるそうだし。。。)
knut_polar_bear_cub.jpg←クヌート『ああ、怖かった!』
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Tue,  14 2009 22:29
  • Comment: closed
  • Trackback: 0