FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

苺と野いちご

フィンランドの市場から
IMG_18952009kivv.jpg
<暑中お見舞い申し上げます!>
IMG_18982009kivv.jpg
苺は甘くツヤツヤ
IMG_18922009kivv.jpg
大きいですね。
IMG_19012009 kivv
でも野いちごも素晴らしく美味しい!
IMG_18582009 kivv
小さいのに香りが高く、一粒でも口の中のアロマが暫く消えません。
IMG_18602009kivv.jpg
 というわけで、ゆったり過ごしたおかげで復調、いえ完全復活しております。
 
 レッスンに室内楽のアシスト、譜読みに合わせ…
 やる事はいっぱい有りながら、時の流れはゆっくり。(な気がします)

そうそう、ここサヴォンリンナの夏といえばオペラ音楽祭が有名なのです。
小さい町に世界中から観客が集まって、ちょっと私の古巣ザルツブルグを彷彿させる雰囲気。

私もすでにランメルモールのルチアを観ました。主人公ルチアはEglise Gutiérrezというキューバの歌手で、歌い出しは「ソプラノにしては少し暗めでくぐもった声だなあ…」と思ったのですが、その高音域の素晴らしい事といったら!有名な「狂乱の場」では永遠に続くかと思う高い高い声が金管楽器のような張りと木管楽器のような伸びで…人間の声ってこんなに自由で力強いのかと改めて驚きました。明日は運良くマダムバタフライの切符が手に入ったので行ってきます。

湖上にある会場「オラヴィ城」180px-Savonlinna_heinäkuu_2002_IMG_1635渡る手段は橋と船しかありません。(あとは泳ぐか…)
以前はオーケストラピットの上に屋根がなくて雨がふったら大変だったそう。

 1475年に建てられた堅固な石の要塞に響くオペラは、我々を「時知らず」にさせます。

それこそ世界中の旬の歌手を聴くことができるプロダクションですが、オーケストラはヘルシンキのオペラやフィルハーモニーの団員が期間中だけ集まってできる一夏だけのもの。
友人や知人がたくさん弾いているので、お互いの休憩時間に市場のカフェに行ったり、湖の回りを散歩したり…去年の夏に共演して以来の仲間とも会って近況報告をし合いました。
IMG_19292009kivv.jpg
初めてフィンランドの音楽祭に呼ばれてから今年でちょうど10年…この国がだんだん心の故郷の一つになっていきます。

関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/584-43fdb271
該当の記事は見つかりませんでした。