旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2009-09-27 Sun 23:57
オフィス設計コンサート&名曲リサイタル(長いです!)
昨日はオフィス設計コンサート、六本木のビル34階で摩天楼を見下ろしながら楽しく弾いて参りました。
IMG_3505off.jpg
天井が高くて四方はガラスなので、こちらは見晴らしだけでなくて音響も非常に良かったのです。

たくさんのお客さまがいらして下さりました。ありがとうございます!
DSCN5496off.jpg
明るく開放感のある空間だったので、ビルに半日缶詰になっても平気でした。
なにしろ窓の外は空ですもの!

 それにしても…やっぱり1日2回公演は体力を消耗しますのう。
 気力と勢いで乗り切りましたが、やっぱり体力作りしなくては、かしらん。

それに天の邪鬼な(?)ワタクシは1日に同じプログラムを2度繰り返すのがイヤで、
<チェロで綴る二つの物語>と銘打って2通りのフル・プログラムを弾かせていただきました。

ピアニストも、さぞや大変だったと…
毒喰らえば皿までの境地で付き合ってくれた中川朋子嬢、ありがとう!!
IMG_3508off.jpg
第1回目、無事終了の図。
IMG_3511off.jpg
私のドレスと朋嬢のビスチェブラウスはTADASHI、さすがに色がピッタリ。
イメージはピンクのパパゲーノか?

ちなみに<Aプロ>は
1・バッハ
   無伴奏チェロ組曲第1番より
     プレリュード、サラバンド、ジーグ
2・ベートーヴェン
   オペラ「魔笛」の主題による12の変奏曲
3・フォーレ
   夢のあとに
4・黛敏郎
   文楽
5・エルガー
   愛の挨拶
6・グリーグ/マーク・ゴトーニ 編曲
   ペールギュント第1組曲&ソルヴェイグの歌
7・黒人霊歌
 アメイジング・グレイス
とこんな感じ。

そういえば今回は根性を入れて、ドレスも前半後半の計4回着替えました。
ヨーロッパでは衣装は至ってシンプル。
結局、こういうことって演奏に直接に関係ないし、第一、持って行くのも着替えるのも大変だし…

…と自分が愚かにも思えましたが、気持ちの切り替えには役立ちました!
DSCN5511off.jpg
ところで、本番中に我々の後ろでヘリコプターが発着していたらしい。
森ビルのヘリポートかしら?
音は聞こえてこないのですが、お客さまの目は空中を上下するヘリに釘付け?!
DSCN5515off.jpgマリメッコ・ドレス
<Bプロ>は
1・バッハ
   無伴奏チェロ組曲第3番より
    プレリュード、サラバンド、ジーグ
2・ベートーヴェン
   オペラ「魔笛」の主題による7の変奏曲
3・サン=サーンス
   白鳥
4・ポッパー
   ハンガリーラプソディ
5・カタロニア民謡/カザルス
   鳥の歌
6・ラフマニノフ
   ヴォカリーズ
7・プロコフィエフ/山田武彦 編曲 
  「ロミオとジュリエット」組曲 より
(少女ジュリエット、仮面、モンターギュ家とキュピレット家、ジュリエットの死)

そういえば、コンサート終了後にはNHK・FMの「名曲リサイタル」でペールギュントとロメジュリが流れていたのですよね。打ち上げ中にあちこちから『聴きましたよ♡』メールが届きました。

 ワタクシ聴いてないし…進むためには聴かねば!ですね。

そうそう、というわけでここでピアノの広瀬悦子ちゃんとの写真解禁~!
SN390097NHK.jpg←長袖で絆創膏を隠す!
放送まで公開しないとNHKの方にお約束したので、2ヶ月半ぶりにやっとお目にかけられます。

悦子ちゃん、ピアノの腕前はもとより自分をしっかり持った素敵なヒトでした。
また、どこかで会いたいです。

そして…闇夜に輝く東京タワーと日下部社長さまとの4ショット!DSCN5542office.jpg
タワー近い!この景色って良いでしょう?
『良かったら、また弾きにいらして下さい』とのお言葉を頂戴しました。
はい、また喜んで!IMG_3518off.jpg
それにしても…この後に珍しく飲んだビールの美味しかったこと。
で、打ち上げには何故かお能の喜多流・シテ方、松井 彬先生と能管の一噌幸弘さんも集合!11月にある和歌山でのコラボ打ち合わせをしました。IMG_3522f.jpg
このお2人…また天才鬼才の間で揉まれるのね…

帰ってからは夜中までスーツケースいっぱいに戴いたお花やお菓子とチョコレート、日本酒(一升瓶!!)やワイン、そして癒しグッズ☆の整理をしました。ありがとうございます。
IMG_3554blume.jpg
皆さまの<愛>を感じながら…よし、次に驀進しよう!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |