FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

ベルリンで観た「アバター」:お薦め!

年の瀬が音を立てて押し寄せてきている気配…
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

ドイツに来てみれば、演奏家 の友人たちはこぞって風邪ひき揃い!
おかしいのが、みんな「今年最後のコンサート」を弾き終えた翌日に熱を出したりしていること。
今年のヨーロッパの寒波のせいではなくて、年末に出てくる一年の疲れなのでしょうね。

私はすこぶる元気(よく寝ています。連続12時間とか)で、
ベルリンのクリスマス市の写真もアップしないうちに
昨日の27日からデュッセルドルフに来ております。
IMG_4250b.jpg←雪が溶けたベルリン市内
仲の良いオルフェウス・カルテット+家族メンバーが集まって
リハーサル(私は練習)を兼ねての合宿状態です。
(彼らとの次回共演作品はシューベルトの五重奏。チェロ2本、不屈の名曲ですね!)

このまま大晦日ー年明けの儀式はこちらで行う予定。

で、まだベルリンにおりました一昨日のこと。
M夫のサプライズ(というか強制?)で映画が予約されており…
IMG_4294b.jpg観たのが
これ『アバター』

 ええ~これ観るの?
 これってSF?!
 主人公の顔が青い話でしょ~!

との抵抗も虚しく
『まあまあ、あのジェームズ・キャメロン(タイタニックの監督)が14年間も構想を練った作品なんだから…』
IMG_4285b.jpgと連れて行かれた先はベルリンのソニーセンターでした。
ここは1日に7万人もの人が訪れる観光名所にもなっているPotsdamer Platzにある複合施設で
ベルリン国際映画祭も行われている場所だそう。

そういえば去年、「カンフーパンダ」のPR中だったジャック・ブラックに遭遇したのもここでした。

お目当てはここのシネプレックスにある3D映画館のシネスター・アイマックス。
なぜならば「アバター」は3D作品なのです!

そして、こちらがヨーロッパで最も大きいとされるスクリーン。
IMG_4302.jpg客席は300少しくらい。もっと大きいのは500席を超えます。

で…笑える巨大3DメガネIMG_4300b.jpgワタクシの鼻には合いませぬようで…

そして、この映画なんと161分もかかるのでした。
3Dですし、さすがに長時間の上映は目が疲れます。
なので途中10分休憩を挟んでの上映でした。

お話はM夫曰く『ニュー・ポカホンタス』が納得のシンプルなストーリーですが
なにせ、やっぱり映像で入ってくる情報量が凄い。
目だけでなくアタマにも休憩がありがたく思えました。

もう1つ笑えたのがスナック類。IMG_4297b.jpgこれはLサイズの水。
1リットルです。

隣の人はバケツ(サイズ)に入ったポップコーンを貪っていました。
 凄すぎる…
さすがドイツ人!胃のサイズが違います。

そして映画の内容ですが…

 面白かった!!161分が短く感じられました。

とくに素晴らしかったのは、その景色です。
他の人は違うところで感動するのかもしれませんが
物語の舞台「衛星パンドラ」での見たことも無い豊かな自然に心奪われました。

夢のような空間に心躍りました。
青い人たちの仲間になって、あそこに住みたい(あれだけ動けたら!)と思ったくらい。
こんなに美しいのであれば3Dでなくても、感動したかも?!
いえ、やっぱり3Dでの「リアル感」は「2D+人並みはずれた想像力」を超えるのでしょう。
色んな香りや味までした気がします。

 ちなみにベルリンでは今のところ3Dはドイツ語のみ。 
 オリジナルの英語で観たい人は2Dで、どうぞとのこと。

キャメロン監督、この脚本を書いたのが1994年だったそうです。
ストーリーの上では文字通りに『繋がる』ことがキーポイントになりますが、
なんとも、いろいろタイムリーなこと!

主人公の与えられたアバターは感じることのできる媒体

それに引き換え
強欲で目に見えるものと自分の力(暴力)だけを信じる侵略者(繋がらない者/破壊する者)
たちが使うプリミティブなメカが野蛮なアバターに映りました。

 我々が良い方向に進化せず
 時間とともに失うばかり、という証拠のような映画でもあります。

色んなことに、いま気がつかねば、と。
「どちらが本当の世界なんだ」と迷う主人公の姿は私たち そのものでした。
実は何を選択すべきかは明白な筈なのですよね。

 自然破壊だけじゃなくて
 侵略だけでなくて
 文化破壊だって同じこと!!

全世界同時公開だったはずが、なぜだか日本だけ一週間遅れの12/23封切りとなったみたいですね。
お薦めの◎ですので、是非とも御覧になってください!IMG_4295b.jpg
<ソニーセンターの巨大クリスマスツリー>

関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/640-5747b8ab
該当の記事は見つかりませんでした。