怪しいアトムの家で

20100209115633.jpg
20100209115710.jpg
20100209115725.jpg
20100209115758.jpg
怪しいアトムの家で合宿中。

朝から晩までリハーサル。

明日は和歌山の新宮に近い三重県の山の上でコンサートです。

くじらウォッチングの場所と聞いたけれど見えるかしらん?



人生で最初に「大公」を弾いたのはザルツブルクで21歳だったな。

ピアノのミケーレはずっと年上のイタリア人、ヴァイオリンのスティーブンはずっと年下のアメリカ人。

2人とも今はどの国にいるのかな?

ベートーヴェンがこの曲を献呈した大公「ルドルフ・フォン・ウーストライヒ(オーストリア)」はベートーヴェンの弟子でピアノの名手だった人。

この2人の友情に思いを馳せながら3人で必死にさらったっけ…


懐かしい思い出もあるけれど、ただ弾くだけで右も左もよくわからなかった当時の私に、古典派の伝統的解釈を叩き込んでくださったF・フリーザー先生に深く感謝の念を捧げています。



ところで「ルドルフ・フォン・ウーストライヒ(オーストリア)」ってイメージ的に「日本国太郎」という感じ…

そういえば、この曲は桐朋で「秀吉」って呼ばれたなあ。

大公=太閤




では!
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Wed,  10 2010 19:37
  • Comment: closed
  • Trackback: 0