旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2010-02-11 Thu 23:26
紀宝町・きらめきホール
20100211152504.jpg
20100211145736.jpg

20100211175016.jpg
126589837683a.jpg
1265898373e5a.jpg1265898374e6a.jpg
126589837532a.jpg


京都からスーパーくろしお特急に乗って4時間半、終点の新宮から車で辿り着いた紀宝町のきらめきホール。


なかなか綺麗な建物!楽屋の広々とした和室などはミニ日本庭園付きだし。ゆっくり出来ないのが残念…


とにかく取るものも取り敢えず、音響チェック。


先ずは弾きながら反響板をいじって戴いて、無理のないトリオの音を作り上げます。

それから3人でお互いに客席で音を聴きあって、舞台上において最高のポジションを決める。

仕上げに調律のO西さんにピアノの低音をチェロの響きに合わせ広げた調整にして戴いて音チェック終わり。


鬼のようにリハして、気がついたら後5分で開場という時間に…!


嵐のように着替えて何とか定刻でコンサート開始。


後は…超長くて濃いコンサートで記憶が飛びました。

お客さま方、良くアンコールの「ちんちん千鳥」までお付き合いくださいました!

暖かい拍手、本当にありがとうございます。


とにかくショスタコーヴィッチからベートーヴェン、ドヴォルザークと熱く楽しく激しく哀しく愛おしく…と色んな音を体験しました。


今は幸せだけど…もう…疲れて…オヤスミナサイ。



でもまだ今夜の宿には到着していません。

どこぞの山の中をひた走っています。



本番後の写真、ホール館長の野○さんと。
もう一枚はホールスタッフの皆さま方(ジャケットの黄色が効いているなあ!)(サンドイッチ美味しかったヾ(^▽^)ノ)(ステマネ・ボランティアの的○さんありがとう!)と一緒にパチリ。

皆さま、遅くまでお付き合いくださってありがとうございました。


またお目にかかれる日までお元気で!

(今度は明るいうちに景色を見たいわ…)
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |