7days 鎌倉ケーブルテレビ

今日は地元・鎌倉ケーブルテレビのニュースに生出演して3/21に鎌倉・雪ノ下教会で行うコンサートのアピールをしてきました。この番組は以前も出させて戴いた「7days weekly」、今回もチラっとチェロを弾いてきました。

今日は17:10より生放送、これから一週間は毎朝08:30や夕方にも再放送があるそうで、さらに早速、部分的にHPでも、鎌倉ケーブル社のインターネット配信BB鎌倉サイトでもご覧戴けるようです。
出来の悪いMacユーザーの私ですが、さっき挑戦してみたら、無事に見ることができました。(自分の映像…を見るのは非常に苦痛だけど)
ディレクターのS木さんから始まって、カメラの方も、アシスタントの方も皆さんが和気藹々とした良い雰囲気なのは、こちらの会社ならでは、かも。
F1000661_20100219213337.jpg
写真は左から、リラックスしてお話できたジョージ・カックルさん(声が渋い!)、いつも知的で素敵な岡崎真奈美さん(前回もお世話になりました!)、まとめ上手な山縣綾ちゃん。

皆さま、3/21にいらして下さるかも、ということで、この放送をご覧になってハイドンの「十字架の上のイエス・キリストの最後の7つの言葉」を聴きたいという方が増えると良いなあ。

 ちなみに東京では22日です!!
(あ、日経新聞には3/20のハイドン協奏曲も続けて載ったそう)


そして…今回はすっかり気がついたら開会式は終わっているし、いつのまにか男子のスピードもメダルを戴いてるし、女子スピードや、カーリング(しかも対アメリカ戦)も夜のニュースを片目でチラリと見るだけ…だったオリンピック

今日は小塚さんを見損ね、出掛けるので織田君の靴事件も知らず(私が見ていた瞬間はまだ紐が切れる前だった)、結局オンタイムで見られたのって「これ以上無いほど完璧」だったライサチェクだけ…それでも、あの興奮の渦の片鱗を感じることができました。

先ほど夜のニュースでやっと見ることができた、大昔からファンだったプルシェンコの演技。
審判の出した結果にがっかりした表情の王者に『四回転?!いえ、あれだけマイナス点が無い演技だったライサチェクですもの…仕方ないのですよ、プルちゃん!!』と思わず呟きました。(プルシェンコの目指すもの、はライサチェクとは根本が全く違うのですよね。四回転のことではなく、表現する世界、目指す世界が違うように感じます。レベルや、クオリティの問題でなく…)

選手たちは皆さん、簡単には語れない歴史があるのですね。
その人たちの積み重ねて来たものを考えると本当に頭が下がります。


 そして高橋大輔選手、銅メダルおめでとうございます!

世界の壁はそんなに薄いものではないけれど、メダルは遠いかもしれないけれど、
今の自分の全てを挙げて一点に集中する人々の美しさには、心を根っこの部分から揺さぶられます。

さて、心は熱くなったけれど、実は喉が危険信号…
今月はまた和歌山に行かなきゃだし、風邪などひいている場合ではな~い!

それではオヤスミなさいまし!!! 2001年エキシビションのプルちゃん若かった王者。
しかしっ!こんな事をしていたとは…

「肉襦袢を着ても、飛べるぞっと…」
 いえ、おみそれいたしました。


あ、ボレロ発見。。。

こちらはニジンスキーEvgeni Plushenko Tribute to Nijinsky

やっぱり、この人は、凄い。
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Fri,  19 2010 22:39
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

オリンピック チェロ クラシック プルシェンコ