音楽のタマゴたち











早いものでゴールデンウィークも残りあと1日ですね!

滞在先の下北山はさすがに山深いところだけあって初日から分厚いセーターが欲しくなるほど寒く…(前回に薪ストーブの写真を載せています)みんな震えていたのですが、昨日あたりからはピカピカの晴天!


ご機嫌な天気に楽器の鳴りも抜群に良いです。


今日はTシャツ一枚で過ごせるくらい暖かく、生徒たちの中には外で練習する子もいます。

大きな木の下で風を感じながら弾くバッハや、裸足になって木のテラスで練習するコンチェルトはいつになく伸び伸びと聞こえる。

やっぱり心が伸びやかだと音も伸びやかにでますね。

それが顕著に現れる子どもたちの姿を見ると-楽器は心の鏡-なんだと改めて思います。

さて合宿も佳境にはいり、私は睡眠不足が続いています。

そのわりに元気なのは子どものエネルギーを吸い取っているから?!


それでも今回は二日目に近所の池を一周(3キロ)するお散歩タイムもあり、人の手が入らない自然の美しさを満喫!

写真もたくさん撮ってきました。


今晩は生徒たちのハウスコンサートに私たち講師のリハ、子どもたちとの合奏練習でピークを迎えます。

そしていよいよ明日の最終日はホールでの受講生発表会。
それから引き続きわれわれ講師のコンサート、そして最後はお別れのお寿司パーティーとなります。


子どもたちは本当に伸び伸びとして、見違えるように逞しくなりました。

もう可愛くて可愛くて…


この季節はコンクールや受験のプレッシャーがある夏と違って、とっても和やかな雰囲気だし、生徒同士も心の余裕があるようでみんな実に仲が良くなりました。

小中学生もよく懐いてくれて、可愛い!

お別れがちょっぴり寂しいかも…


写真は神さまが住まわれる池とそこに住む鯉たち。
ポニョっぽい子もいます。


あとコントラバスに挑戦する澤和樹先生&ロトさんの巨匠対決。

その後ろで剣玉に熱中する景山誠治先生(中学生のとき以来ひさびさにお目にかかりました!)


シューベルトの鱒をリハする私たち。ロトさんに景山先生、澤先生、卓球台を譜面台にアレンジした私、そしてコントラバスのドラえもんフリーク丹治清貴さん。


濃い毎日であります!

ではまた明日の写真をお楽しみに(・∀・)
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Tue,  04 2010 15:03
  • Comment: closed
  • Trackback: 0