ぎゃふん&バッサリ

ベルリンの硬質な水が肌に合わず、ちと敏感になりつつあった私の肌…

今朝、初めての皮膚科に行ったらBGMにチェロの音が流れていました。

なんか聞き覚えのある曲ばかりだなあ…と思ったら

 自分のCDだった。。。
 「ぎゃふん」



写真は都内の某隠れ家
F100066510.jpg
いったい何をするところ?

あっ!クロネコが落ちてる?!
F100066310.jpgって自分の髪の毛でした。
このところ長くて重くて…思い切ってバッサリ切りたかったのです。

珍しく「煮るなり焼くなり好きにしておくれ」とお任せ。

こちら売れっ子メイクアップアーティストのチカさん。
絵里ちゃんからご紹介いただいて以来お世話になっています。
シャープなチカさんF100066210.jpg
さらり&決断早い&腕も良いという格好良い女性です。

ちなみに私の今使っているアー写(アーティスト写真)も彼女のヘアメイクです。
F100066110.jpg
かなりアタマが軽くなって帰還しました。

これで暫くーすっきりーが持続しそう。



え?バッサリでもまだ長い?
はい。
理由は<続きを読む>へどうぞ。 私の髪は子供の頃から長く(*)、楽器屋さんで弓の張り替えのたびに『自分の髪の毛使えば』とからかわれたものです。

*バレエをしていたためもあります。(下手だったけど)
小3で一度ばっさり切ったら王子役しか来なくなっちゃった。
羊飼いの少年とか。。。

それがトラウマになったわけではないけれど
振り返れば人生で短かったのはあの一年間だけ。

長い髪は自分の尻尾みたいな感じです。
ネロオとお揃いで。
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Thu,  13 2010 23:55
  • Comment: closed
  • Trackback: 0