音楽のガク

2010年06月27日 16:57

紀尾井ホールでのリサイタルシリーズ第3弾~オーストリアの薫り~が終わりました。
山本貴志さんとIMG_52322010.jpg
とりあえず前半のシューベルトが終わって少々解放感のある2人↑

今回のリハで一番時間を使ったのは、なんと歌詞と旋律についてのセッション。
言葉にインスピレーションを受けて、音で紡ぐ、の繰り返しでした。
IMG_52332010.jpg
山本くん、シューベルトの「終わりのない」歌曲への扉を一緒に開いてくれて、ありがとう!

そしてベートーヴェン…飛んで、弾けて、草原を走り回ったり、かくれんぼしたり…
バリエーションもソナタも楽しくて楽しくて…

 ーそう、音楽って音が楽しいのだー

 山本くん、本当にありがとう!!
 
聴衆のみなさま、
岩手から、新潟から、姫路から、和歌山から、大阪から…そしてローマから…
あんなに沢山の方々が貴重なお時間を共有して下さったことに心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!

サイン会にて<写真提供はTちゃん>
DSCN62022010.jpg
『優しいお姉さま』という題で送ってくれました。。。

 「お母さま」でなくて良かったワ…

山本くんとは9月の新潟では待望の(山本くんが去年の初リハの時から呟いていた)ショパンのソナタ。
また横浜サンハートでもポロネーズなど御一緒させていただきます。

本当に楽しみ、ヨーロッパで腕を磨いてこようっと。


さて、明日からは録音を控えるアクアトリニティのリハ三昧、さあ気合いをいれなおしていきます。

<<追記アリ↓↓>>
☆おまけ☆

その1<楽屋にて>

前半の衣装は歌曲『水の上で歌う』のイメージ。
生地はタイシルク。F10006652010.jpg
デザイナーS木さんに感謝!
ヘアメイクはChikaさん、髪型がオーストリア風…シシ(皇后エリザベート)っぽい??

後半のルードヴィッヒくんのテーマカラーは濃い紫。
遠くからは黒く見えたらしい。。。
F10006672010.jpg
Chikaさんがパパッと髪を上げてくださって、すっきり!
普段ファンデーションも塗らない不器用な私(まだら…)にとってコンサート前のヘアメイクは苦痛そのもの。
プロの方にお任せできると、その分リラックスできて本当に有難い。

ちなみにベルト部分は祖母の帯を改良したもの。
超モダンな帯留め(見えてないけど)も祖母の形見…

着物として着られないのは申し訳ないけれど、これも御縁。
そしてドレス本体は…なんと22~23歳くらいの時に作って戴いたもの。

昔は大人っぽいものに憧れていたんだなあ。
ウエストが入って良かったと実は安堵した次第…


その2<リハにて>はまた明日にでも。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/718-6735cd9b
この記事へのトラックバック