次のステップ・日本代表に感謝

今日から7月!!
たった一週間ですが、ブログのテンプレートも七夕仕様。

そして…
アクトリ<AQT>の集中リハも無事に終わり、いよいよ明日からレコーディング。
3日間缶詰になって良い音を造ってきます。

 今回は合宿もこなし、3人のチームワークもさらにグレードアップ!
 ワクワクします。

CDのために素晴らしい作品を書き下ろしてくださった加藤昌則大魔神と、西澤健一さんもリハに立ち合って最後のダメだしをくださいました。

それぞれ本当に感激するくらいの名作を産み出してくださって…
F10006702010_20100701112926.jpg
自分たちだけのオリジナル作品がある喜びは言葉にできないほど。
アクアトリニティの<代名詞>とできるよう、全力を尽くします!

さらにイタリアから前日に帰国したばかりの懸田 貴嗣さんが様子をみにきてくださいました!
F10006682010.jpgー師匠と弟子たちー
F10006662010.jpg
褒め上手の懸田師匠『いいよ~この前と全然ちがってる!』ですって。
私と絵里はほとんど感涙…だって苦労したもの。

懸田さん、ありがとうございます。
バロック物も気負わずにのびのびと弾いてきますね。

リハの後は山本貴志さんと改めて6/26の打ち上げ。
彼はあの翌日なんとショパンの協奏曲を弾かれたので、コンサート後は簡単なお茶しかできなかったのです。
F10006652010_20100701112927.jpg
いつも応援してくださる方々と少人数でゆっくりワインで乾杯。
場所は広尾の「AQUA VINO」お食事はおいしく、山本くんもモリモリ召し上がっていました。

白白、赤、リモンチェッロと杯を重ねながら、ちらりと今回の『二重奏』としての反省や改良点、これからのプログラム、9月の新潟と横浜の打ち合わせもしました。

 またあっという間に秋になるんだろうな。。。




さて今日の<追記>はたいへんに「長い」です。
なにしろサッカー日本代表についてですから!!!
↓↓
覚悟がある方だけクリック!!
ついでに<拍手>もありがとうございます。 <<サッカー日本代表>>

そ・れ・で…
一昨日は20時までびっちり音出し、夕食をとったあとはパジャマでサッカー観戦大会でした!

 延長戦の後半(!!)で眠さに負ける牧子嬢…
 目がギラギラ&心ハラハラで寝るどころではない絵里と私…

ほんとうにPKは心臓に悪い。
特に今回は<誰かが悪いくじを引かねばならぬロシアンルーレット>
のように感じました。

 駒野さん、泣かないで!

日本のサムライの皆さん、本当に素晴らしかった。
やっぱりサッカーはアンサンブルなんだなと実感させてくれました。

連携プレー、とかパスの流れが、とかそんなことではなく、こういうサッカーもあるんだと胸を打たれたのです。

いつも目にするドイツのブンデスリーグはそれぞれのチームが強いし、技術も巧みだし、スピードもあるし、ゲームの組み立て方もチェスみたいに堅固なイメージ。

もちろん全然ちがう。

このPK終了直後にはドイツで観戦していたM夫(もちろん日本を応援!)から電話…

受話器のむこうではギュンター・ネッツァー(ドイツの元代表選手。いまは超辛口解説者で<神>的存在)がTVで『ぜんぜん良くない試合だった』と話す声が漏れ聞こえてきました。


 でも、いいの!
 ほっといて!!

確かに日本はベストのチームに比較したら技術だって攻撃性だって弱い。
そんなのは日本国民みんなわかっているのです。(でしょ?)

それに8強に行けたとしても長友・遠藤の両選手も抜けてるし、どんな恐ろしい目にあったことか…

 でも、そんなのは良かったのです。

今の日本に夢を見せてくれた。
拙い技術(世界ランキング10位以内と比較したら)だって精神性で補うことができるんだって、現実に見せてくれたのですから!

今回の日本チームは爽やかで、しかも熱かった。

1人で頑張るんじゃない。
ー控えやコーチ陣も含めたチーム全員が心を合わせて、一丸となって全力を尽くすー
そのような「戦う姿」にどんなにエネルギーを与えられたことか!

だから最後の長谷部選手のコメントには封じ込めていた涙がちょっと…


でも、かくいう私も『岡ちゃん、ごめんね』の1人だと告白します。

 「申し訳ない」

実は母の大親友が岡田監督のすぐご近所で、よく犬の散歩でお目にかかるそう。
いつも静かになにかを思索しているような人だそうで彼女は『暗い!』と仰ります。

 でもちょっと違うような気がする。

 『もう一試合させてやりたかった』という彼はやっぱり熱い。
  私も、もう一試合見たかった。
 
南アフリカまで行った、あの年齢も風貌もバラバラの日本のサポーターが皆で応援した日本代表

「君が代」で肩を組み、PKで膝を折って一心に祈る彼らの姿

汗だらだらになりながら憑かれたように走りまわる彼らの姿を

滅多に人を褒めないドイツの守護神カーンが『彼はいいキーパーだ。ちょっと狂気を感じさせる』と言ったGKの川島さんの目を

 私ももう一度見たかった。

確かにスポーツは音楽と違って勝敗の世界だけど、
今回の日本代表には勝ち負けを超えた感動をいただきました。

あ~あ…
あとはマラドーナおじさんでも応援しようかな…
それか、意外にパラグアイ?!
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Thu,  01 2010 13:05
  • Comment: closed
  • Trackback: 0