旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2010-09-02 Thu 22:56
Ostsee(バルト海)からの帰還
 「あれ?ここどこだっけ_」
今朝、目が覚めた瞬間に思ったこと。

動かないアタマでぼおーっと回りを見渡すと、ベルリンの自宅!
自分のベットの上でした。

 やれやれ。。。

9月に突入しましたね。
昨日Ostseeから帰りましたが、35度のローマ郊外から一気に15度のドイツ東海はやっぱり別世界でした。

覚悟はしていましたが、この温度差はなんなんでしょうねえ。
陸続きなのに。。。

覚悟して万全な荷造りをしていたものの、始めの2日間は小雨だったし本当に寒かった。
宿舎もセントラルヒーティングをつけて戴いたくらいです。

しかもコンサート会場は1229年に建てられた古~い教会だし、ピアノの調律が狂うのを避けなくては、ということで『NO暖房!!』

スーツケースに忍ばせておいた「まさかのホカロン」が役にたちました。
というか、無かったら凍えて弾けなかったと思います。

本番はドレスの上にセーターを、ドレスの下には密かにホカロンを貼って舞台へ。
しか~しシューベルトの熱演(?)ですっかり暑くなり「大公」ではセーターを脱ぎ捨てました。

ノースリーヴの薄いドレス姿に、コートを羽織った観客の皆さまから『おお~!!』というドヨメキが。。。

さてドイツの東海<Ostsee>とは実はバルト海のことなのですね。
IMG_6521.jpg
演奏したのはUsedomという半島のBenzという町でした。
ちょうど指先の場所です。ちなみに右側(東)はポーランド!
<会場の教会>IMG_651400.jpg
綺麗な天井でしょう?

星の絵はもちろん手書き。
よく見るとデザインが少しずつ違う。
同じ物が2つとないのです。IMG_651800-jpg.jpg
今回のトリオ仲間、ピアニストのイモ(自分で『日本語で僕の名前は芋』と言っていました)とマーク。
IMG_6415.jpg
この木彫りの聖人像もウン百年前の古ーいもの…
しかし先年1つ盗まれたそうです。

仏像泥棒は日本でもあるけれど、お寺や教会から盗むなんて信じられない!!
『来世はきっと蚊よ!』と怒ったらイモは『いや、台所の食器洗いタワシでしょ』ですって。

さて、質問です。
「こちらは海でしょうか?」
IMG_6431_20100902224751.jpg
(イモのガールフレンド、ピアニストのイディールと)
IMG_6434.jpg

その答えは明日にっ!!
関連記事
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |