奈良のもろもろ

2010年10月27日 10:18

久々に下書き保存しておいたはずの記事が消えて、が~ん。
相変わらずショッキングです。

さてコンクール。
私が伺ったのは年齢カテゴリー別の器楽部門ですが、よく考えたら審査側に座ったのは初めて。
いろいろ興味深いコンクールでしたが、特に16歳以下では舞台上での突発事故的なミスの有無よりも、各自の将来性に重点をおく視点で審査に参加したつもりです。

なんと一般部門では音大卒38歳のピアニストが登場して、素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。
プロの演奏には点数がつかられませんよね…
大変に興味深いコンクールですが、来月の二次予選は伺えず、来年の本選にまた伺います。


さてさて、お次は奈良のこと!
まず怪しい写真は奈良の代名詞「せんとくん」の光バージョンです。
F1010051nara.jpgお隣は「つちのこ」くん。
今回2泊した下北山のしんぼる(?!)です。

  せんとくん
    と
  つちのこ…
暗闇で2人仲良く光っている姿はなんど見ても背中に衝撃が走ります。恐いよ~!
一度ぜひ見にいらしてくださいね、下北山…
温泉、素晴らしいですよ。(肌がつるつるに!)

そして22日の大和郡山ホール、
前半は野呂小百合さんとロトさんのベートーヴェン&シューマンのソナタ、なんて名曲なんでしょう…
後半は3人で「大公」、アンコールはメンデルスゾーンのトリオから2楽章を美しい旋律を噛み締めながら演奏。
F1010041nara.jpg小百合ちゃん、ブラーヴァ!
お疲れさまでした。
こちらは23日の下北山「吉野杉ホール」でのリハーサル風景。
モーツァルトのフルート四重奏です。
F1010049nara.jpg
リハを兼ねての本番には、地元の方々を始めとしてコンサートでお世話になっている紀宝町のお馴染みの方々もいらしてくださいました。
休憩中には京都のチーズスフレが振る舞われ(ロトさんは4つも…)ホールにマリアージュのマルコポーロの香りが立ちこめて良い雰囲気!
夜の打ち上げはA倉おばさまのお手製鹿肉のワイン煮など…PA230117nara.jpg
そして翌日の川上村コンサート「秋のカンタービレ」
フルート四重奏チームF1010043nara.jpg
下の写真は左からフルートの土居原弓子ちゃん、ロトさん、シューマンのピアノ五重奏を弾いたヴァイオリンの古川仁奈ちゃん、そして花田和加子ちゃんにヴィオラの岡さおりちゃん、私。
F1010047nara.jpg(暗くてボケてしまったけど)
ロトさんとの初ショパン・ポロネーズも進軍ラッパのように力強く弾きました!
F1010046nar.jpg左は「ホールのコンセルジュ」
と呼んでいるAちゃんさん、ロトさん、カンタービレシリーズ第1回目からお世話になっているボスSさん!
他にもたくさんのスタッフの方々が細やかにお世話してくださいました。
F1010044nara.jpg
こちらに伺うようになって既に4年目…有難いことに今では恒例のようになりました。
楽しみに待っていてくださるお客さまも増えて声をかけてくださいますが、しみじみと嬉しくなりますね。

私にとって室内楽の「最大の喜び」とは仲間と音楽で会話できることです。
シューマンのピアノ五重奏なんて、みんなでディスカッションしているようなところもあって面白い!
今回も音楽的にも人柄もよいメンバーに恵まれて楽しく過ごしました。

さて遅刻遅刻!!!
今日は撮影です。
なんでこんなに時間に追われるのか…といえば自分の時間管理ができてない証拠です、はい。

では!
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/767-3cedbe19
この記事へのトラックバック