白い世界とオルレアン







一昨日から昨日にかけて駆け足で新潟に行ってきました。

もちろんチェロ雄と一緒だけど私用、日本において自分のための貴重な時間です。


ちょうど雪は降り止んでいましたが、街中は雪だらけ…まだ誰にも足跡をつけられていない純白の道はやっぱり綺麗でした。


一昨日はちょうど満月だったのかな?

雪明かりに照らされながら、ふと上を見上げると群青色に雲ひとつ、ふたつ…まあるく黄色い月が煌々と輝いていました。

冴えた空気の中では気分も引き締まり、改めて「流されない一年を」自分に誓った次第です。


そして昨日は針に直行、アレルギー(?)の治療は佳境に入って針+お灸で完全ノックアウト…「お灸を据えられ」てまたまた自分の生活リズムを反省した次第です。

規則正しい日常生活は免疫力も高めるはず!疲れを明日に持ち越さない人間になろうっと。

その後に荒川くんたちとの楽しいリハでまたエネルギー補給。


うえだよう、さんの包容力のあるピアノ

中くんの茶目っ気たっぷりのクラリネット

主役の荒川くんのフルートの言うまでもなく素晴らしいこと…
大体フルートだけでも凄いのに作曲もできるってどういうこと?!
できる、できないではなくて作品が生き生きしてて弾いていて楽しい!

いいなあ、自分の作品がああいう自然な形で生まれるって。


もうすぐパリに留学する中くんは最近、なんとフルートにサクソフォーンまで吹いてるそうな…

よう、さんは即興もできるオールマイティなピアニストだし…


つくづく自分は凡人だのう!と思います。

ではでは今日は仙台で荒川ファミリーに混じってコンサート。

そろそろ東京駅に着きます~
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Sat,  22 2011 11:53
  • Comment: closed
  • Trackback: 0