必殺風邪退治ミックス茶

英国生まれのノーブルな<チェロ太郎>はどうやら<姫>であるらしいと思ったもの。。。
IMG_0264b.jpg
弾いていると、どうやら絹に包まれた<姫>ではなく自然の薫りを知っている<大地主のお嬢さん>のような気がしてきます。
なかなか骨太な部分やお茶目なところもでて裏板も共鳴してきました。

しかし…毎回30分以上弾いていないとお目目が覚めないのが一苦労。
明後日からは音楽祭、合間にガーガー弾いておかないと。。。

さてさて『日本は春どころか初夏のよう…』
というメールがパリから日本に飛んだばかりの友人からきました。

 しょ、初夏って?!

こちらはまだまだ氷が張っております~
IMG_0268b.jpg
春夏には噴水が美しい池も冬は野生(?)のスケートリンク。
IMG_0270b.jpg恐る恐る
乗ってみると
歩ける!IMG_0271_2.jpg
しっかりと分厚い氷は当分溶けなさそうです。
「マイシューズ」ご持参の幼児(!)からクルクル・スピンを披露するおじさんまで…お上手な地元民のなかで滑らないようにじにじと歩く私は目立っていたらしい。

そういえば、さっき電話でヘルシンキの友人が『いま暖かいのよ!マイナス5度♡』と言ってたな。
そうか、マイナスでも暖かいのか。。。

こちらは零下は脱出して今日などは+5度くらい。
それでも身体を内側からも温めておかねば、ということで最近は近くの<BIO COMPANY>でお茶を買い集めております。
photo 4-7b
ある意味イギリス人以上にお茶好きなドイツ人…紅茶も飲むけれど緑茶やロイブスティー、そしてハーブティーの種類の多さは圧巻です。
photo 3-8b
日本でも最近は生のローズマリー茶ばかり飲んでいたのですが、ここでのイチオシはインドのヨギ茶シリーズ。
スパイスがきいていて飲むとポカポカする気がします。

でも、生姜やチリ、シナモンや胡椒などがミックスされた味はどれもかな~り濃いので苦手な方もあるかと。。。

そして最高に強力なのは、このところM夫が凝っている「必殺風邪退治ミックス茶」。。。
生のショウガに生のローズマリーにヨギ・ティーのシナモン/レモングラス、そして…
鬼のように大量のコリアンダーっ!!!IMG_0177b.jpg
こ・れ・は地獄の味…
効きそう…というよりも「これで効かなきゃ飲む意味がないっ!」と叫びたい。
IMG_0178b.jpg味はもはやスープか薬かと…
毎朝この薫りで叩き起こしていただいて。。。か、感謝しています。
先週末は舅のラルフが幼年時代の親友のフルート奏者イルポと登場。
これまたワンパク時代からの仲間で指揮者のオッコ・カムのベルリンのご新居にみんなで押し寄せて昼間からワイン三昧。。。
さんざん酔ったところにオッコとラルフがベートーヴェンのピアノ三重奏「幽霊」を演奏しようというのでチェロ無しだった私は声で参加。
photo 3-7
必殺風邪退治ミックス茶に蜂蜜をいれて飲んだカイがあったというものです、はい。
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Tue,  01 2011 08:13
  • Comment: closed
  • Trackback: 0

チェロ フィンランド ベルリン 健康茶