旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2011-04-28 Thu 09:31
キーン氏にじーん
ちょっと なんなタイトルでごめんくださいまし…

昨日のニュース、日本への帰化を決意なさったドナルド・キーン氏のお言葉には心が震えましたよね!

ー日本の未来を信じているー
なんだか大声で泣きたくなりました。(泣かなかったけど)
たぶん、今いちばん欲しかった言葉だったのかも。
 
ー自分に残された時間を日本ですごしたいー
私たちと共に在るために「日本人」になられる88歳のキーン氏…その行動にはもの凄い力をいただいている気がします。

自分はもっともっとできる…だから前をみて歩こう。


さてさて私の日常はリハ三昧とか取材とか…
F1001433d.jpg
藤原道山さんとのコンサートもいよいよ明日!
雨の北鎌倉も素敵だけど、ひたすら晴れることを念じようっと。
それにしても、尺八も素晴らしい音色ですね。日本の歌の◯◯とか◯◯なんて思わず聞き惚れてしまいました。
いや、藤原さんの尺八だから良いのか?!

この日はWリハで後から山本貴志くんが登場。
せっかくだから3人でパチり。
F1001426dy.jpg
それぞれのファンの方に申し訳ないのでワタクシ微妙な距離を気遣っております。
お二人ともおっとりと穏やか、なにかが似てらっしゃるような気がする…
F1001423y.jpg
この日はラフマニノフの日…なんて遠慮なく美しいメロディーなんでしょ!
ばんばん心に響いてきます。
F1001418y.jpg(ラフマの楽譜と)
『6月25日は紀尾井ホールにてショパンとラフマニノフの日!是非いらしてください』
6月なんて先だ~と思ってたらあっという間に迫ってきました。
2011-0426-171946515y_20110428024457.jpg
それから取材の時は「Mストリー」のTさんや「Vらあぼ」でHさんに、それぞれ鋭いご質問をいただいて楽しかった。こちらが心の中で漠然と思っていることを言葉として引き出していただきました。

また今回はDUOとしてのインタヴューもしていただいたので、またお互いに対する意見や見解を客観的に聞き合うのも面白かった。そして「イープ◯ス」や「ぴ◯」のための動画も撮っていただきましたが、これが2人とも笑ってしまって…なかなか難しゅうございました。

インタヴュー中に山本くんと何度も繰り返した言葉は『楽しい』でした。
これは『歓び』に繋がります。
室内楽のエネルギーの源であり、そして生きる原動力でもありますよね。

6月にはそういうものが音になって、皆さまにお届けできるように
そうなれるよう前をみて歩こう。
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |