下北山セミナー&紀宝町コンサートこれから京都で…

昨日、下北山セミナーが無事に終わりました。
20110502085711shi.jpg
(山の空気を満喫するマーク…そういえばフィンランドでは小高い丘を「山」と呼ぶのでした)
20110502085806shi.jpg
(新緑の色に生命の漲るパワーを感じます)

去年と同じく講習会の最終日の締めくくりは紀宝町に移動して生徒と、講師によるコンサート。トリオでもお世話になったホールなのです。スタッフの皆さまも顔馴染み!

大人組が弾いたのはシューマンのピアノ五重奏。
F1001424shi.jpg
写真は演奏直後の澤和樹先生、沼田園子先生、マーク(ゴトーニ先生(^_-))、そしてアルバート・ロト先生と私。
F1001421shi.jpg
↑は下北山の吉野杉ホールでのリハ風景です。

セミナーでは、普段は試験や受験またコンクールなどに追われている子どもたちも自然の中で過ごして伸びやかな気持ちを取り戻したようです。

だから25人の生徒の演奏はそれぞれ素晴らしいものでした。
若者が何かに真剣にとりくむ姿はやっぱり美しいですね。

中学生から大学院生まで、実に仲良く自由時間などは微笑ましい様子を見せてくれるのですが、楽器に向かう顔はガラリと変わります。

時に競い合いながらも認めあって助け合える…切磋琢磨する仲間とは真の友情が生まれるのです。

これからも人と自分を比べず、それぞれの個性を余すところなく音楽を通して表現することを目指して欲しいと思います。今年もエネルギーを有り難う!!

時間がなくて参加者全員とは写真が撮れなかったけれど素晴らしいオルガニゼーションで細やかに心を配ってサポートしてくれたスタッフのYちゃん、Mくん、それぞれ自分らしいのびのびとした音楽を聴かせてくれた受講生のAちゃん、Mくんとの写真を一枚載せておきます。
F1001427shi.jpg
さて今からは京都でコンサート。昨日のシューマンに加えてモーツァルトのピアノ四重奏を演奏します!
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Fri,  06 2011 17:50
  • Comment: closed
  • Trackback: 0