旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2011-05-11 Wed 22:03
レインボーハウスへの寄付、そして
雨でしたね~
今日は久しぶりに家から一歩も出ず、気まま(自堕落?)な「アポなし」日を満喫しました。
命の洗濯日という感じです。

さてピカピカの快晴だった8日の日曜日の写真です。
photo 3-8kam
真千子ちゃん、亮くん、マークとキリストさま像の前で1枚!

さてさて このコンサートの最終会計が出ました。
募金箱の中味は最終的に90856円ものお金だったそうです!
これにチケット(大人2000円、学生1000円)の収益金を足して(さらに端数を繰り上げて)
合計31万円を下記に寄付させていただきます。

 加入者名『あしなが東北レインボーハウス建設募金』
 郵便振替口座番号【00120-7-355615】

いらして下さった皆さま、そしてもう一度ご協力くださった仲間の皆さまに心から感謝申し上げます!!
photo 5-6kam
コンサート終了後に聖堂の中で…しょうしょうボヤけています。
photo 1-11kam
美しいつつじの前で熱くて可愛い妹分(?!)と。
(ところで躑躅←ツツジの漢字は難しくって…髑髏ドクロと間違えそうですね。え、私だけ?)

さてコンサートは松尾たかし鎌倉市長がよせてくださった暖かいメッセージで始まりました。
今回のプログラムは変則的なもので、独奏チェロの「鳥の歌」から始まって、
マークのヴァイオリンと「日本の歌」や「コル・ニドライ」という二重奏
そしてヴァイオリン2本ではモーツァルトとテレマン
それから真千子ちゃんと亮くんにもモーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのデュオを一楽章
メインはハイドンの弦楽四重奏「ひばり」、アンコールは「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。
どうやらクラシック初体験の方や小さなお子さまにも楽しんで戴けたようです。

また鎌倉ケーブルテレビの方がいらして下さって
インタヴューとコンサートの様子がニュースで流れたそうです。

これからもこの4人のアンサンブルはきっと聴いていただけると思います。
次回もどうぞ宜しくお願いいたします!

さて昨日はマークと新潟の保育園で弾いてきました。
元気な子供たちに囲まれて幸せ…
photo 2-12
ここでは避難命令がでている原発から20キロの町から避難していらした若いお母さまにお目にかかりました。
小さなお子さんを2人抱えて、一家で何も持たずに新潟にいらしたとのお話でしたが…
柔らかな笑顔の優しそうな方でした。
彼女の町のホールで演奏したことがあることをお伝えすると大変喜んでくださって
「また会いましょう!」と固い握手をしてお別れしました。
ほんとうに微笑みが素敵な女性でした。

明日は久々にアクアトリニティのリハーサル。
今月は小松で石川県デビューなのです。

そろそろ少し落ち着いた生活を取り戻して、自分の音を掘り下げていかねば!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |